ドラフト

2010年度プロ野球ドラフト会議。
大学生投手に好素材が集中した今年のドラフト。
千葉ロッテマリーンズは、高校時代から追い続けてきていた
早稲田大学の斉藤祐樹投手を、4球団での競合の末のくじ引きをはずし、
野手では大学NO1と評される3拍子そろった東海大学の伊志嶺外野手を指名。
補強課題だった捕手は、狙っていた地元習志野高校の山下捕手をソフトバンクに
1位でもってかれてしまったものの、大学NO1捕手である東洋大学の小池捕手と
強肩と将来性をもって知られた大阪桐蔭の江村捕手の交渉権を獲得。
投手も大学生から立正大学の南、社会人からは七十七銀行の小林(島田市出身)
と、地味でも評価の高い実力派をひとりずつ指名。
さらには南カリフォルニア大学からの逆輸入投手藤谷も指名するという
”ギャンブル”もするなど、やや地味ながらも良いドラフトではなかったでしょうか。
欲を言えば、PLの吉川君(中日2位)など、将来性豊かな高校生内野手が
一枚欲しかったなー、とは感じますが・・・。

・・ロッテのドラフトの個人的論評はさておき、
斉藤君を追い続けていたロッテとヤクルトの担当スカウトの
心中いかばかりかと心配していまいます。
少なくともこの一年は、ともに来る日も来る日も斉藤君を追い続け
今日のドラフトで指名が確定することを夢見てきたことでしょう。
たぶん、”お互い負けたくない”と思いながらも、
ともに苦労をしているだけに”コイツに負けたらしかたがないか”という
苦楽をともにしたものでしかわからない一種の友情のようなものが
あったのではないでしょうか。
それを、当日(もしくは前日)他球団の動向をみて
「斉藤にしよう」と決めた日本ハムに持っていかれたのは
さぞ悔しかっただろうと感じています。
「世のなかはそんなものだ」という方もいらっしゃるでしょうし、
それがこのドラフト会議であり、もっと言えば
「自分で進路を決められない選手からしたらもっと過酷だ」と
いうことになるのでしょうが、あくまで「裏方」としてがんばってきた
両球団のスカウトの心中は思いやらずにはいられません。

今年も、このドラフトで希望のかなった選手、かなわなかった選手。
そしてスカウトさんはじめ関係者のみなさまの下積みの苦労が
報われたかた、報われなかったかた。
みなさまに「ごくろうさまでした」と申し上げたいと思います。
そして現実をしっかりと受け入れて、
「前向きに道を切り拓いてゆきましょう!」
と申し上げたいと思っています。

起こった現実は、きっと何事にも「意味」があるはずですから。
未来は切り拓いてゆかねばならないものです。

関連記事

  1. 誕生日

  2. 千葉ロッテ・阿部 初登板!

  3. 12月議会閉会

  4. 寒波がまちにやってくる

  5. 事務仕事漬け

  6. 民主党リスタート

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30