「静岡県ひとり1改革運動」

「静岡県ひとり1改革運動」というのは、
石川県政の改革の目玉のひとつとして
平成12年にはじまった行政改革の一環です。
ただ単なる経費の削減をめざすだけではなく、
県民のみなさんの満足度を上げてゆくという
活動でもあります。

例えば、
「渋滞緩和事業で通過時間短縮」をするために、
大井川にかかる橋に右折レーンを設けて対処するのではなく、
一度右折地点を通過して、その先に「回転道路」を設置して
Uターンさせて、本来右折したかった交差点にもどり
スムーズに左折するという改良を施し、渋滞の緩和と
工事費用の削減をする(右折帯を橋に作ると15億円のところ
回転道路は4600万円でできた)事業をしたり、
「放置竹林の学校・地域での利用」や
「資料の電子化での紙の利用料縮減」
「ヤフーとの協定で災害情報の無料提供」など
さまざまな、大規模改革から部署内のちょっとした改革まで、
職員のみなさんが、「自己改革意識」をもって取り組んで
おられる運動です。
第3者による評価も毎月なされていて、しっかりしたものです。
県庁で仕事をするようになって5ヶ月ですが、
なかなかこれが職員のみなさんが、
しっかり取り組んでおられるので好感を持っています。

ぜひ、「こんなこともやってくれ」
「こういうふうにしたらどうかな」などなど
ぜひぜひみなさんも提案をください。
静岡県にはどうやらそれを最大限に受け容れる風土がしっかりと
できつつありますので。
 ちなみに、平成18年度は1万2590件の取り組みがされています。
もちろん全国№1! (2位の東京は約1500件)
「意識改革」の好例がこうして身近でなされていると
こちらも気が引き締まります。
わたしも「毎日1自己改革運動」をしなければ、です(笑)

関連記事

  1. 暗闇レストランin水窪ミナの森

  2. 充足した仕事に感謝

  3. パンデミック前夜

  4. 小沢代表再任

  5. 政治”コンビニ”座談会

  6. 2月議会開会

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930