『ありがとう』の重み

本日某社の新社長就任パーティにお招きをいただきました。

長年こつこつと積み上げて今日の会社を築き上げられた
創業者社長さんからご長男への社長職のバトンタッチと、
創業者社長が大臣表彰を受賞された祝賀パーティでしたが、
とてもすばらしいパーティでありました。

来賓あいさつなどのあと、
ごあいさつに立たれた創業者社長のご挨拶は
『今日ここに立たせていただいているのは、お集まりいただいたみなさまのおかげです。
いままでほんとうにありがとうございました。
私からみなさまにはひとことだけ。とにかく、新社長をよろしくお願いします。』

と、日頃のご人徳そのままの、短いなかに万感込めた言葉に続いて、
かたわらに立たれる奥様に向けて
『そして(奥様のお名前)、長い間支えてくれて、ありがとう』
と頭を下げて、おふたりいっしょにご降壇されました。

会場は万雷の拍手が鳴りやまず、ほんとうにすばらしい瞬間に臨席させていただきました。

「ありがとう」という言葉はとても大切な言葉です。
でも、こういう長い長い積み上げの末に言葉となった『ありがとう』は、
そのひとことだけなのに、ほんとうにそのひとことだけなのに、
とてもあたたかく、豊かで、しかし重く、深い、ひとことでありました。
誰もが発することができる『ありがとう』ではないな、と実感をしながら
私も手が痛くなるまで拍手をしていました。

これこそが『ありがとう』の重みですね。

関連記事

  1. 異常気象

  2. 使いこなせるか否か

  3. 世間はシルバーウィークなれど・・・

  4. 解散、解散というけれど・・・

  5. 静岡県教育長人事案提出

  6. 千葉ロッテマリーンズ前半戦総括

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930