いきなり暗雲。イランVSサウジ

イランとサウジアラビアが険悪だ。
この対立は、元々イスラム教のなかの多数派である「スンニ派(約9割)」と
少数派「シーア派(約1割)」の宗教対立に端を発している。
イスラム圏各国ではスンニ派が多数を占めるが、
イランは指導層以下シーア派が多数を占め、シーア派の象徴的な拠点だ。

沈静化していた対立が今回先鋭化したのは、
サウジアラビアにおけるシーア派指導者の処刑だ。
サウジアラビアは国王がかわり、より強硬な姿勢に転じたのだ。

両国は国交を断絶。スンニ派周辺諸国もイランとの国交断絶に追従し始めた。

これは国際情勢にとって、やっかいな新年の始まりとなってしまいました。
せっかくシリアを中心に活動するISの動きが弱体化してきたところであるのに、
これで各国の足並みが乱れ「隙」を与えることになるのではないか。
また、万が一イランとサウジ間で武力紛争が勃発しようものなら
石油供給は一気に不安定化し、またしても世界の経済活動に
大きくブレーキがかかります。

市場では『申酉荒れる』というそうですが
まさにそんな暗雲が漂う年の始まりとなりました。
ペルシャ湾岸情勢は直接的に日本にも響いてくることなので
今後もドバイ先物など原油動向を含めて、きちっと注視してゆかねばなりませんね。

関連記事

  1. 昭和に日に思う

  2. 海に帰る風

  3. 保育園

  4. モンゴルから帰国しました

  5. ”万古不易(ばんこふえき)”にあらず

  6. 明日から委員会審議

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031