がっくり・・・

「地方主権一括法に基づく条例委任」というものがあります。
コレ、『地方主権は改革の一丁目一番地』というフレーズに代表される
民主党が政権をとったときに当時の鳩山総理が盛んに発信し、
日本の変革の代表的な事業になると感じさせ、鳴り物入りで成立させた
「地方分権一括法」の目玉です。

ゆえに、期待感をもって『地方の実情にあわせ法律を条例で上書きする』
ということを信じて期待してきたのですが、それを具現化するはずの
「義務付け・格付けの見直し」による道路関係の県の素案がでてきました。

・・・正直がっかりです。
結局、霞ヶ関の”骨抜き”にあって、県の主権どころか
国のコントロール下に置かれ続けることは明白で、
国会はなにをやっているんだ!と、憤慨ものです。
担当の県職員とも議論をしましたが、
結局結論は地方の実情をよくわかった我々が、
自分自身で変えるしかない!ということです。

この国、必ず地方から、静岡から変えてやる!
と、決意を新たにした今日です。

関連記事

  1. 「県都静岡」構想

  2. 居酒屋談議はシラフでも楽し

  3. エンジン01

  4. 民主党代表選

  5. 地震!

  6. 悲しいコト。でも前をむかないと!

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930