しんかんせんつかれちゃったの?

義兄の手術の見舞いのため
妻が名古屋へ日帰りで見舞いに行き、
長女(3歳)も同行することになりました。
浜松~名古屋は普段は車での往復が多い
妻なのですが今回は病院ということもあり新幹線。
長女にとってははじめての新幹線となりました。

帰ってきた長女に「どうだった?」と聞くと、
開口一番、
「しんかんせんのってうれしかったよ。
しんかんせん、はやかった。」
と新幹線の感想がでてきました。
「でもねえ、しんかんせん、つかれちゃったの」

“え?なにそれ!?”と思って
「どうして?」と聞くと・・・

どうやら浜松~名古屋間をこだま号に乗ったらしく
(そういえば“安いから「ぷらっとこだま」
にすると言ってたなあ”と、思い出した)
ひかり号やのぞみ号に抜かれるので、
途中駅での停車時間が長いことに思い当たりました。

・・「たくさんのひとがのってて重かったから
つかれちゃったの。だから、途中でお休みしたの」
と解説してくれました(笑)

さらに、
「でもパパ、元気なしんかんせんもいたよ」
「かすみん(自分のことデス)のしんかんせんの
よこをビュンビュンはしっていったよ」
という。
・・“ははあ、「のぞみ」と「ひかり」だ”(笑)

妻に報告しながら様子を聞くと
ホントは停まっていて動かないので、最初は
「しんかんせん、お怪我しちゃったの?
血でてないかなあ」と心配してたので、
「お怪我はしてないよ、きっと疲れちゃたんだねえ」
と妻が言ったことに納得して、
「ひとがいっぱい乗っていてつかれたんだ」と
自分で納得してた様子だという。

こどもの感性の豊かさ、創造力には
ホントびっくりしますね。

やはり、こどもにとっての「体験」というのは
大切なんですね。
すべての子どもがいろんな豊かな体験ができるように
私たち大人ががんばってあげねばなりませんね。

関連記事

  1. 指導者の器

  2. ”火遊び”はお控えくださいませ

  3. ブログ開設準備中のご案内

  4. 思い入れが思い上がりになってしまってはいけない

  5. 多様な人材育成のための公立高校の特色化について(3)中高一貫…

  6. ロッテVS巨人戦

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年1月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031