ふじのくに?せかい演劇祭2017

静岡市内で開催中のSPAC主催「ふじのくに?せかい演劇祭」を視察してきました。
まちなか開催の「ストレンジロード」は明日から7日までですが、
今日は駿府城公園開催の「フエスティバルgarden」と
”演劇の力を広げるには?”の広場トーク、
そしてギリシャ悲劇「アンティゴネ」公演を見てきました。

SPAC(静岡舞台芸術センター)は、
shizuoka performinng arts center の略称で、
静岡県営の劇団および専用劇場を複数持つ演劇専門家集団です。
県営劇団を持つのは国内でもほとんど例がありませんが、
SPACは、今や日本を代表する劇団として世界の評価をいただくまでになり、
その名を世界に「ふじのくに静岡県」の存在とともに轟かせています。

世界最高峰の演劇祭と言われる、フランスの「アビニョン演劇祭」にも
何度も招聘されていますが、今夏は、この「アンティゴネ」をひっさげて
堂々のオープニングを2000人収容のメイン舞台で飾ります。
今回はその、フランスの舞台「法王庁中庭」を模した設えの特設ステージを
駿府城公園に設けての公演でしたが、すばらしいものでありました。

宮城総監督のメッセージ性あふれる演出により、
現在世界に渦巻く「善」と「悪」の2者に分けたがる風潮、
そして死者までもを、あくまで「善」と「悪」にするという考えに疑問を呈し、
権力を握った者の「権力欲」や「デマゴーグ」、人間皆が持つ「愛憎」や「恐れ」、
そして「死生観」などを、舞台の設えや舞台装置やさまざまな演出で描き出しています。

この公演はGW中、まだ5日~7日の18時30分開演で続きますので
ぜひお時間の許す方は観劇されることをお勧めいたします。
たぶん、演劇の深さとその強いメッセージ性、そして県が劇団を持つ意義などを
感じていただけると思います。

詳しくは
SPAC 054-203-5730 までお問い合わせください。

関連記事

  1. ふたたび大地を踏むときは。

  2. おまえ太ったゾ

  3. 三寒四温

  4. ”火遊び”はお控えくださいませ

  5. 疎開

  6. 漢(おとこ)野田!

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031