エネルギー政策の転換のために

このところ、太陽光発電に関するニュースをよく耳にします。
以前このブログでも記述させていただきましたが、
日本の太陽光発電技術は世界に誇れる一流なものですが、
近年ドイツの躍進があり、”世界一”の座を奪われつつあります。

これは、ドイツが国策として太陽光発電への切り替えを
推進しているためで、家庭用太陽光発電パネルの補助金を
打ち切ってしまっている日本とは大違いなので
”勢いの差”、これは歴然です。

そのドイツが導入しているのが、
FIT(固定優遇買取法)。
太陽光発電した電力を15年~20年の優遇価格で
長期買取保証をすることを定めた法律で、
これならば、個人が売電するのにも有利だし、
太陽光発電が経営として成り立ちます。
投資の対象でもありますが、大企業や投資ファンドに
席巻されないような制約もあり、
まさに国家をあげてのエネルギー戦略と言えます。

さて、日本では経済産業省が太陽光発電パネルの
導入補助制度の復活を調整しているようですが、
もっとドイツのような”思いっきり”がないと
日本のエネルギー事情は好転しませんよね。

政策の大転換は政権交代のときが契機となります。
前述のドイツもしかり。
民主党はやるべき政策転換提案が山積みのはずです。
議員も候補者も夏休みゆっくりしているヒマはありません。
しっかり勉強してもらわなければなりません。
突き上げるコトだらけで疲れちゃいますねー
でも、可能性があることですから
今しっかりがんばらないと!

関連記事

  1. 痛みを知ること

  2. PTA総会

  3. ゴールデンウィーク初日はちょっと幸せなお仕事

  4. 赤とんぼ

  5. 今日から10月。

  6. 浜松まつり

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930