サミット誘致

2016年主要国首脳会議(サミット)の誘致に
静岡県、浜松市、静岡市が共同して乗り出すことが決まりました。
今年の新年の対談で田辺静岡市長が発案し、知事と鈴木康友浜松市長が同調したものの
一度は「断念」を外務省に伝えていたものの、川勝知事の強力な巻き返しで
再度誘致に名乗りをあげることになりました。

世界遺産富士山を抱える静岡県は、サミットを行うのにふさわしい場所でもありますし
なによりも首脳会議に必要な会議場、宿泊施設のキャパシティも十分です。
また、首脳会議会場とする浜名湖は、静岡県には富士山だけではないということを
世界に知ってもらう大きなチャンスです!
知事の価値基準が、あいかわらず地球スケールでものを考える感覚であることを
県民の一員としても、誇りを感じますね。
もちろん県議会議員としては、大いなるやりがいも感じます!

ただ、誘致活動をするにあたっては「ストーリー」が必要だと思っています。
”なぜ浜名湖なのか””浜名湖がサミットにどんなメッセージをだせるのか”
というような「ストーリー」です。
たとえば、浜名湖は汽水湖ですので、多くの魚介類の生命のゆりかごになっています。
浜名湖には、浅瀬が多くあり、そこには藻場があります。
藻場にはさまざまな卵が産みつけられ、さまざまな種類のちいさな魚介類が育っています。
「世界の未来を考える」ことがサミットの目的でもありますので、
「環境」や「命をテーマにした情操教育」などの「ストーリー」は
すぐ描けますし、場合によっては各国首脳に藻場に船から降り立ってもらって
偉大なる自然の姿、尊い生命の姿、などを感じていただくのも一興かと思います。

浜名湖観光協会の稲葉副会長がイメージする
藻場に立って”浜名湖の真ん中から愛をさけぶ”ことが、
世界を救うために、発信できるかもしれないですね!
そう考えると、夢の膨らむサミット誘致です。

浜名湖と浜松にとっては大きなチャンスをつかめるかもしれない
この機会を存分に活かすべく、地元出身県議としては全力で誘致活動に
力をいれてゆきたいと思っています。

関連記事

  1. 父逝く

  2. 阿部卓也の新年度はじまる

  3. 台風15号の爪あと

  4. 全員協議会「静岡空港問題」知事説明

  5. 新年賀詞交歓会

  6. 浜岡原発停止要請

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930