チーム安倍発足

安倍晋三内閣が発足しました。
民主党関係者は、基本的に批判的に論ずることが多いでしょうから
私はちょっとちがった切り口で安倍内閣を眺めてみます。

側近の重用、総裁選での論功行賞人事が目立つ内閣となりましたが、
実は「めざすカタチ」はなかなかだと私個人は思っています。
私は秘書として永田町で勉強していた期間が長かったのですが、
国会議員のみなさまの現場での資質を垣間見る機会も多く、
また内閣や総理官邸での権力構造も知るだけに、
今回の組閣で安倍晋三総理のめざした方向は
「官僚支配からの脱出と政治主導の確立」
「適材適所への人員配置」
であり、基本的には「良いではないですか」と思いたいデス。
特に、今朝の中日新聞(東京新聞)の論説にあるように、
『ホワイトハウス型の、政治信条・個別政策が大統領と完全な
信頼関係で結ばれている人たちがそれぞれの得意政策を担当する』
というカタチ、具体的に言うと「首相補佐官」や「特命室」
「国家安全保障会議」には”政治主導”へのなみなみならぬ
決意は感じられるので評価はしたいと思っています。

ただし、「官僚支配からの脱出」は「日本の権力構造改革」そのもの
であり、その権力構造にのっかってきた自民党でそれができるのかは
はなはだ疑問を覚えます。
また、総理の言う「適材適所」も、「ほぼ適材適所」であり、
大変失礼ながら事実だけ申し述べると、主要大臣に、
かつてアメリカのハゲタカファンドに「日本国民の血税」という
”莫大なお土産”をつけて日本の長銀を売ってしまった
(献上した?)売国奴まがいのかたもいれば、
公衆の面前で国会議員同士で罵詈雑言の挙句、殴りあいまでしたかた、
闇世界とのウワサが絶えないかたなどなど「?」をつけざるをえません。

まあこれらが「思いたいデス」という微妙な肯定の理由ではありますが、
自民党でも民主党でも「日本のための政治」が実現できるなら
国民にとって良いことであり、「政治」がめざすことなのだから
”当然ながら”肯定したい。
ただしそれができなかった時には、同じく”当然ながら”
政権を降りていただく。
それが、率直な国民のみなさんの気持ちではないでしょうか。

自民党が政権担当をしている以上、
新しい内閣に「良い政治してくれよ」と望むのは国民の悲願でもあります。
だからこそ、今日はまずは懸案材料だけは提示させていただいたうえで、
「安倍総理、お手並み拝見」としたいと思います。

繰り返すようですが、
安倍内閣で失望するような時は、
本当に残る手段は「抜本的な構造改革を断行するための政権交代」
しかありません!
その出番が来るということは、それだけ国民の血税がムダ使いされ、
負担が国民により押し付けられるということなので、
それも困りモノですが、そのときはキチンと改革ができるよう
私阿部卓也も我々民主党も、日々の努力精進を重ね、
準備万端にしておく所存です。
くれぐれも、よーく安倍内閣のシゴトをみなさん見極めてください。

関連記事

  1. 涙雨

  2. 財政と政権交代

  3. 新しい家族

  4. 浜名湖潮干狩り中止

  5. 鎮魂 ~NHKスペシャル海軍400時間の証言~

  6. 6月議会閉会

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031