ビックデータとは

『ビックデータ』という言葉ご存知ですか?

私もつい先日Foreign Affairs Reportで特集を読んだばかりで、
このところ個人的に興味が高い研究対象である
「統計学」関連の書籍群の読後感ともあいまって、
その内容について”うーん”と考察を巡らせていたところだったので、
先日発表された安倍総理の成長戦略構想にでてきて”やはりなあ・・・”
というところです。
ただ、報道されてくるとらえ方に少し違和感はありますが、
今や世界的に無視できない流れですので、
”とりあえず乗り遅れはできない”といったところでしょうが、
これ、しっかりとしたビジョンと良識ある専門家の存在が不可欠です。
全てを解説してゆくと、超大作の論文になりそうなので(苦笑)
端折って今日はさわりだけをブログにしておきますね(笑)

まず、そのレポートを私なりに要約して紹介しておきます。

『The Rise of Big Data』
– How It’s Changing the Way We Think About the World –
という副題のついたレポートです。
著者は下記のふたりの専門家。
Kenneth Cukier エコノミスト誌データ・エディター
Viktor Mayer オックスフォード・インターネット研究所教授

~ビックデータとは、その名の通り膨大な情報だ。
今や、ウェブを通して膨大な情報を収集しデータの共有ができるが、
ビックデータの本質は「膨大なデータによって予測不能だったものが
予測できるようになる」ということだ。
今や、膨大なデータをコンピュータに与えることによって、
”何が起きるかを予測させることができる”ようになった。

選挙の出口調査はほぼ正確な結果を導き出す。
でも、これは”事後のサンプリング”がもとになっている。

ビックデータは”事後のサンプリング”ではない。
因果関係にある様々なデータによって”物事を予知してしまう”のだ。
すでにアメリカでは、ビックデータを用いて火災リスクの高いビルを
導き出して防火対策に活用している実例もある。

しかし、このビックデータは使いようによって恐ろしい社会をつくりかねない。
すでにアメリカ国土安全保障省は、「犯罪を犯す前に、間違った行動を
とりかねない人物を特定する」というリサーチプロジェクトを立ち上げた。
これまでのところ、このシステムで特定の個人が容疑者とされたケースは
ないようだが、システムがエラーを起こす可能性や、根本的な問題として
個人の自由な意思を否定してしまうことだってありうる。

もし、政府がビックデータのパワーを過度に信用するようになれば懸念は広がる。
権力とデータパワーのみが判断基準になれば人が人でなくなるのではないか。
人間はときに統計では測れない結果をだすことがある。
ゆえに、データやコンピュータが導き出す答えのみで、
人間のみがもつ天賦の才である、想像力、直観、知的向上心などが
締め出されてはならない。
”ビックデータとは不完全なものである”
という真理を忘れてはならない。~

次代を担うためには避けては通れぬ、考えねばならない事象ですし、
もはや時代の自然の流れでもあるので、みなさまもこれらの関連について、
ご興味をもっていただくべきだと感じています。

また、このForeign Affairsのレポートは秀逸なのでぜひご一読をおススメします!

関連記事

  1. 静岡空港視察

  2. 東京リズム

  3. 宇宙基本法

  4. 梅雨明け

  5. プロ野球開幕一週間

  6. 地球儀

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930