フジドリームエアラインズ

本日、「株式会社フジドリームエアラインズ」が
テイクオフしました。

「フジドリームエアラインズ」は
(以下略称のFDAと表記します)
㈱鈴与の100%出資会社で、
静岡空港をベースとしたリージョナル航空会社。
静岡空港の来年3月開港には間に合わないものの
来年夏の就航に向けての今日のテイクオフです。

機材はブラジル製の「エンブラエル170」という
76人乗りの中型ジェット機を購入し使用します。
来年は2機体制でスタートし、毎年1機づつ買い足して
最大6機体制をめざしているそうです。
1番機のカラーリングは、情熱の「真紅」。
真紅の機体に「FDA」と描かれ、
尾翼は富士山をモチーフして、
航跡が鋭く切り裂いてゆくデザインです。
なお、2番機以降のカラーリングは未定だそうですが、
デザインにあがっていた、オレンジ、ピンク、グリーン、
マリンブルー、スカイブルー、紫色、黒色のなかから
決めてゆくようです。
色とりどりの飛行機が静岡の空を飛ぶのも
また楽しみになりましたね。

来年のスタート時の路線は、
静岡⇔小松  1日2便
静岡⇔熊本  1日1便
静岡⇔鹿児島 1日1便
3路線です。
なお、機材が増えるにしたがって、
成田、羽田、仙台、新潟、富山等の国内路線、
そして近距離の海外路線、上海、北京、香港など
への進出も計画されているようです。
海外路線は、参入2年目からの就航をめざしていて
本当に心強い限りです。

とりあえず、これで、
静岡空港の就航決定路線は国内6路線、
(札幌、福岡、那覇、小松、熊本、鹿児島)
海外1路線(ソウル)となりました。
海外路線はFDA以外にまだ可能性が十分ありますし、
地方空港のスタートとしては大変ありがたい
体制が整ってきました。

FDAは、日本初の地方空港の地元資本100%に
よる地域航空会社であり、地方の実情にあった機材や
路線選択をするなど、早くも「静岡県民の翼」という
キャッチフレーズの面目躍如といったところでしょうか。

そういった意味でも、静岡県および静岡空港というのは、
本当に恵まれていると思います。
空港の開設については、賛否両論長い間の議論がありましたが
事とここに至っては、
もはや静岡空港を成功させるしか道はありません。
鈴与さんの心意気をムダにしないよう、
しっかりと空港振興に取り組んで参ります。

まずは、いち静岡県民として、
鈴与さんに敬意を表するとともに、
静岡空港、FDAの文字通りの”飛躍”を
こころより祈念しつつ、
今日の嬉しいご報告としたいと思います。

関連記事

  1. 静岡県緊急雇用対策

  2. 日本JCサマーコンファレンス

  3. 濃密地元漬け

  4. ラジオパーソナリティーデビュー

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30