ロンドンオリンピック閉会

ロンドンオリンピックが閉会しました。

良いオリンピックでしたねー
日本勢の活躍はもちろんですが、
オリンピックの舞台となったロンドンの創意工夫が
あちこちで感じられたオリンピックでした。
たとえば、マラソンコース。
生活の場であるマーケットをくぐり抜けたり
市街地や観光地を織り交ぜた「折り返しコース」。
既成概念を打ち破ったコース設定でした。
また、競技場も既存のものを最大限活用し、
どうしても新設せねばならなかったものは
別の機会でもリサイクルできるような造りとしたようです。
「エコ」というか、このところの巨費を投じた興行であり、
国家高揚の意味合いが強かった流れを帰る要素も多く、
今後のオリンピックのありかたに
良い影響を与えたのではないでしょうか。

また、ニュース映像で見る限り、
ロンドン各所の公園などには、競技会場に入れない人たちのために
パブリックビューイングが設けられていたようですが、
これはきっとロンドンはもちろん、イギリス国内全体が
一体感をもって盛り上がったオリンピックだったんだろうな、
と感じています。これは特筆ものだと思います。
スポーツの持つ魅力をより多くの人たちで共有する
すばらしさをあらためて体感されたことでしょう。

そして、個人的にとても感動を受けたのは「聖火」です。
開会式での、参加国と地域を表す215本の火が、
だんだんひとつになって大きな聖火となるシーンは感動を覚えましたし、
閉会式でのひとつの聖火がまた、もとの215本に分かれて、
ひとつずつ消えてゆくシーンは、まさに4年に1度の
「人類のスポーツの祭典」を象徴するすばらしい演出だったと思います。
それぞれニュースフラッシュでしか観ていませんが、
できればフル映像をみたいなあ、と今でも思っています。

ゆえに、「オリンピックに国家間の紛争を持ち込まない」という理念に
反する行為が一部であったことは残念でなりません。
厳しく処断すべきですし、当該国もそのあたりの線引きを
しっかりしないと、今後オリンピックに参加する国家や国民としての
資質に欠けるということを自覚すべきだと思います。
良いオリンピックだっただけに、
当事者および当事国の良識に期待したいと思います。

次回はブラジルのリオデジャネイロです。
南米では初めてのオリンピックです。
4年後にまたすばらしい感動に会えることを期待しています!

関連記事

  1. パワーシフト

  2. 鑑真和上展

  3. 総選挙前夜

  4. 日米安全保障の裏側

  5. FGの政治献金復活

  6. 紅ほっぺ

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年12月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031