三遠南信自動車道路開通

本日、三遠南信自動車道路(さんえんなんしんじどうしゃどうろ)の
「三遠道路」のうち、いなさ北IC~鳳来峡IC間13.4キロが開通し、
供用が始まりました。
 また、新東名と接続する、いなさ北IC~いなさジャンクション区間
500mは、新東名の開通にあわせて4月14日の供用開始となります。

三遠南信自動車道は、
その名のとおり「三河」「遠州」「南信濃」を結ぶ高規格自動車道路で、
私が師事していた水窪出身の熊谷弘先生が計画段階から深く関わり、
まさにライフワークのひとつとされてきた悲願の道路であり、
私も秘書時代はほんとうにマメに交渉や計画立案にさまざまに携わり、
ときには道なき道であった工事予定地の山々を国交省の担当者と歩き、
破砕帯が横切る軟弱な地質をこの手で感じて、
難工事になるであろうことに震撼し、
現場の厳しさを肌で感じてきたひとりであるだけに、
一部供用とはいえ今日は感慨もひとしおでありました。
ほんとうに今日までご尽力いただいた多くの関係者のみなさま、
地権者のみなさま、工事担当者のみなさまには、
こころからの御礼を申し上げたいと思っています。
また、熊谷先生が今日のテープカットの晴れ舞台に立ち会えなかったことが
とても残念でなりません。

まあ、余計なことかもしれませんが、
今日の式典のなかで、この道路のそんな厳しい歴史を知らない国会議員が
『私のふるさとの道なので私が予算をとりました。私がこの道つくりました。
私が落選した4年間は予算が減りました』などという趣旨で
ふざけ半分に祝辞を述べたことに対しては、
本当に怒りがこみあげてくるモノがありました。
まずは、この難工事に立ち向かってきた多くのみなさまに
こころから感謝とお礼を述べてくれ!それとあなたがやったわけではない!
この道路の計画や仕掛けがスタートしたのはいつだと思ってるんだ!
ふざけるな!!と叫びたかったくらいです。
昔を知る自民党関係者やその方の支援議員ですら、苦っておられましたので
私だけの思い込みではないでしょう。

まずは、こういう大工事には歴史があり筆舌に尽きぬご労苦が必ずあります。
先人のその苦労のうえに、自分が今日”たまたま”晴れ舞台に立たせて
いただいているのだ、ということを忘れないでいただきたいと思います。

・・・「政治家なんてみんなそうだろ」と言われかねないので、
自らにも戒めつつ、自戒の念をたっぷりこめて、
それでもなお、やはり許せない発言だったので苦言を呈しておきます。

本題の道路のほうですが、
今日式典終了後、実際走ってみたのですが、走りやすさはもちろん、
時間の短縮は著しく、約30分の短縮です!
このあとの道路工事は、さらに北上し、
「三遠道路」の残り7.6キロと「佐久間道路」の工事へと続いてゆきますが、
まだまだ先は長いです。猛烈に、かつ着実にがんばってゆかねばなりません。

この道路は南北を結ぶ大切な軸となる道路です。
新東名という新しい東西軸がより活きるかどうかにも直結するのが
この三遠南信道路と中部横断道路、伊豆縦貫道路なのです。
ある意味、静岡県の命運を握る道路ですので、
これからも微力ですが最大限がんばってまいりたいと思います。

みなさまもぜひいちど「三遠南信道路」へおいでくださいませ!
新東名開通後は、直結して奥三河、そして北遠州、南信州へひとっとびです。
ご期待ください!!

関連記事

  1. 阪神淡路大震災から22年

  2. 大掃除日和

  3. 平成21年度当初予算編成要領

  4. 祖父逝去

  5. 12月議会開会

  6. 小さな冒険者たちと出会う

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031