佐久間ダム視察

2月議会の合間ではありますが、
天竜川流域県議5名による佐久間ダムの視察が行われました。
佐久間ダムは日本最初のダムであると同時に、
現在国策としての「天竜川流域ダム再編事業」が
スタートしています。
略して「天ダム再編事業」。
これは、ダムに蓄積・沈殿された土砂により
ダムの治水機能の低下がみられることへの危機感への
対応であり、また同時に川が海に押し流すべき土砂が
ダムで止まってしまうことで、海浜がやせていく問題への
対応でもあります。
天竜川の静岡県にあるダムは3つ。
佐久間ダム、秋葉ダム、そして船明(ふなぎら)ダムです。
このうち船明ダムは、開閉式なので土砂を大水のときに
一気に流すこともできますが、佐久間、秋葉は重力式ダムであり、
ダム内にたまった土砂は浚渫するしか方法はありません。
そこで、佐久間ダムで現在検討されているのは
ダム湖の途中にトンネルを掘って、下流の天竜川に
バイバスとして土砂を押し流す方法です。

今、佐久間ダムは満水時の3割程度まで水抜きをして
湖底の状況を調査したり、土砂が堆積した場所から河川本流へ
土砂を移動する工事などが行われています。
それを、視察にいったわけです。
たい砂の量は想像をはるかに超えるものであり、
ダムのえん堤から約30キロ上流まで半日がかりで
さかのぼり、実際に普段は川底となっている場所にも
降りてゆきましたが、広大なたい砂が広がり、
テレビで見る月面の映像を彷彿とさせる状態でありました。
自然の力の大きさをあらためて感じました。
この事業の意義を思い知る視察でありました。
非常に有意義でした。

ご案内いただいた
電源開発佐久間電力所の沼田所長さんはじめ
所員のみなさまにこの場をお借りして
御礼申し上げます。

関連記事

  1. 借金時計

  2. 民主党静岡県連幹事長就任

  3. 政治家と報道の姿勢について

  4. 初秋の夜長の贅沢

  5. 千葉ロッテマリーンズ前半戦総括

  6. 帰国報告

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930