内憂外患

北朝鮮が核実験。
しかも今度は長崎に落とされた原子爆弾級の20キロトンの
爆発規模という観測もあり、これは日本および世界は
重大な危機にさらされることとなります。

先月のミサイル実験の折は、北朝鮮寄りの態度を示していた
ロシアと中国も、さすがに今回は厳しい見方をしていて
国連安保理の制裁が発動されることとなるでしょう。

が、しかしその制裁により北朝鮮の動きというのは
さらなる危険度を増すことも十分に予想されます。
前にもこのブログで書いたかもしれませんが、
北朝鮮という国は、舌を巻くような外交上手で
いつもギリギリの線での勝負を平気でやってくる
という認識が私にはあります。

今回の核実験だって、
準備には相当の期間が必要だったはずで、
ウラで準備を進めつつ、オモテでは外交交渉をおこない、
核開発の縮小を図るかのような動きをここしばらくしてきました。

このところ、オバマアメリカ新大統領との間合いを
はかっていたことも狡猾な北朝鮮らしく、
注視をしてきましたが、ここで厳しいカードを切ってきましたね。
非常に重大な危機だと感じています。

さて、一方で日本国内はあいかわらずの閉塞感です。
個人的に、皮膚感覚で今年は特に世界の動きが早い年のように
感じていますが、そんな時にいまの国会で大丈夫なのかと心配になります。
国会は国事多難なときには結束してコトにあたらねばならず
今のように「政局第一」では思いやられます。
衆議院の任期も残り3カ月強となった今ですから
駆け引きなどせずに総選挙期日もはっきり決めて、
今やらねばならないことを優先的に議論しかたづけて、
選挙期間の空白時に起こりうる危機に対する危機管理体制も整える、
というような”国を背負っているという責任”を果たせないものかと、
つくづく感じています。
選挙でも、国を背負う国会議員を選ぶのですから、
これらの内憂外患にきちんとした答えや方策をもった人間を選ぶ、
また選んでいただくための”選択”にしなければならないはずです。

これが、国民が求める本当の政治だと思うのですが・・・

本当に”内憂外患”です。

関連記事

  1. 帰静報告

  2. 小沢代表再任

  3. トンネルでの出来事。

  4. 円高対策

  5. あべたく政治塾 第4期 開講

  6. JALとの搭乗率補償訴訟問題について

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930