原子力について視察に基づく私見

視察の報告を時間を見つけてしてゆきたいと思います。
少しづつしてゆきたいと思います。

まずは、5月14日六ヶ所村の「原子燃料サイクル」のための
「再処理工場」について報告しておきます。

専門用語を並べ立てても致し方ないと思いますので
端的に考察を申し述べておきます。

・今現在の日本のエネルギー事情からしたら原子力は必要不可欠
・「原子燃料サイクル事業」は①日本が資源小国であること
 ②ウランの特性からしても妥当であること
・原子力発電というシステムは、”扱いづらい壊れ物”を
 根気よく面倒を見るがごとし。気を抜くとすぐご機嫌斜めに
 なるリスクは常にはらんでいるものだということ。
・原子力廃棄物は無毒化されるまで途方もなく年月がかかる
 とても厄介なものであり、この「核のゴミ」は原子力発電を
 続ける限り輩出され続けるものであるという事実。

私的な結論としては、
・現時点での原子力発電には賛成。
・安全性にも(予想できない地震などの事態を除けば)
 一定の信頼がおける。
・そして、なによりも一日も早く次世代エネルギー
(たとえば、風力、太陽光、バイオエネルギーなど)
 の安定供給をできるようにして、原子炉を序々に廃炉に
 していけるようにすることが理想。

だと考えています。

関連記事

  1. 県政報告会のお知らせ

  2. 12月議会閉会

  3. アメリカ短期留学研修中

  4. 久しぶりの七夕

  5. 12月議会開会

  6. メールの怖さ

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031