国民投票法案

今国会に「国民投票法案」の提出が見送られるらしい。

私は、何度か表明してきたように「憲法改正論者」です。
だからこそ、この「国民投票法案」については例え与党提出であろうと、
国会の場で審議が尽くされること期待していただけに、やや残念。
まあ、よくある”審議不十分のまま与党ので力押しでムリやり採決”
されてしまっても困るのですが。
まあ、今回の見送りはそのあたりも勘案して「民主党待ち」の見送りの様子なので
とりあえず良しとしましょう。
で、民主党は正念場です。
社会党出身のコチコチの護憲派といわれる方たちをどうするか、
「頼みますよ!小沢代表」といったところですが、
現在の世界情勢のなかで冷静に考えたならば、
「憲法改正の可能性」を高めておかなければならないのは必定。
そしてキチンと認識しておかなければならないのは、
日本の憲法改正のハードルは世界的に見ても非常に高いこと、
この憲法が短期間でGHQによって日本という国のカタチをなかば
歪めるように作成され、押し付けられたものだという事実、
もう一部の箇所に関しては「解釈」だけでは限界にきているということ、
それらの現実はわからなければならない。
また、この「国民投票法案」は憲法改正のための「手続き法」であって
いわば「憲法に規定されている事柄(この場合は憲法改正の手段)を実行する
ために必要な法整備」なのだから、当然主権国家として為すべき
立法行為であるはずだ。
そのあたりは、キチンと整理しながら議論を進めて欲しいものです。

当然ながら、もし党の議論に参加できる機会があればキチンと論陣を張って
将来の可能性のために、本当のニッポン自身の民主主義のために、
議論をしたいと思っています。

関連記事

  1. 『ものづくり振興条例』についての意見募集

  2. 斉木武志を育てる会設立総会

  3. 銀河を包む透明な意志、巨きな力と熱

  4. プロ野球開幕一週間

  5. ふたたび大地を踏むときは。

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031