変化にともなう業務多忙

国政と県政の政権交代によりぐっと忙しさが増しています。

本日、民主党の新しい陳情方式、つまりは毎年恒例であった
首長や地方議員の霞ヶ関官僚への陳情合戦からの脱却をめざした
「政治主導の陳情」静岡県スタイルを決める会議が
おこなわれました。

この手法には”強権的”などの批判がありますが、
今までの旧弊を打破してゆくためには、当面これは”やむなし”です。
というよりも、今やらねば政権交代した意味がありません。
と、いうことで地方の声の受け皿となる静岡県のシズテムです。
正式なシステムや体制の発表は近くなされますが、
大変な仕事になることはまちがいなく、
心して取り組まなければならないと思っています。

関連記事

  1. 静岡県議会議員

  2. NP(ナースプラクティショナー)について

  3. 米国債格下げ

  4. 秋祭り

  5. 一般質問①浜松市沿岸域の防潮堤建設について(1)建設用土

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031