天地人

今年のNHKの大河ドラマは「天地人」。
主人公は直江兼続(なおえかねつぐ)。
上杉謙信、景勝に仕えた陪臣である。
戦国大名が大河ドラマの主人公になるのは
よくあるパターンですが、陪臣が主人公になるのは
大河ドラマでもめずらしいのではないでしょうか。
とはいっても、秀吉の治世の時代には
主君である上杉景勝の会津120万石とは別に、
特別に秀吉の仕置きで米沢30万石を与えられていた
「大名格」の陪臣であったことはまぎれもない事実で、
ちなみに確か当時30万石以上領有していたのは
徳川家康はじめ、毛利、前田、上杉、伊達、島津など
そうそうたる面々が10人ほどしかいなかったと記憶しています。
それだけ”たいした男”だったことは間違いないでしょう。
そんなことでびっくりしたこともあり、
今回の大河ドラマはいつもより楽しみです。
最近はBSで再放送をしてくれるますので
日曜日ちょうど家に帰り着くころに放送が開始されるので
今年のささやかな日曜日の楽しみとなりそうです。

さて、その直江兼続ですが、
奇人で有名だった前田慶次郎(前田利家の甥)を召抱えたり、
家康VS上杉景勝との激しい対立で劣勢極まりない上杉景勝を支え、
その後徳川時代に米沢30万石に封じ込められた窮地の上杉家の
運営に尽力をしたりと、「得がたい人物」であったことは間違いなく、
今の日本国総理にもこんな陪臣・名臣がいてくれたらなあ、
と思うことしばしの今日この頃であります。

まさに今の我々政治家も、この時代の政治家たる武将の
勇気や覚悟、先見性や知略などには見習うべきところは本当に
多いはずです。
まさに「歴史を紐解く」ことの大切さを再認識させる
大河ドラマの人選であると感じています。
”心して1年間観るべし”と思っています。

【広告】
『あべたく政治塾』開校!
詳しくは1月10日ブログにて。
締め切り間近です!!ご参加お待ちしています!

関連記事

  1. 平成22年度国土交通省予算仮配分

  2. From Singapore

  3. あんこトースト

  4. 小沢幹事長検察事情聴取について

  5. 心配していたことが・・・

  6. 日本の漁業について

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年12月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031