宇宙基本法

今日の国会で「宇宙基本法」が成立。

この法律は、自民、民主、公明の共同提案というかたちで
提出された珍しいタイプですが、骨子が明確なだけに
うなづける法律です。

法律骨子について私なりの解説付で書いておきますと、
①宇宙の平和利用
 を大前提にして(というか、することにして)
②安全保障に資する利用を促進
 つまりは、偵察衛星(日本では”情報収集衛星”という
 隠れ蓑的な名前を使っていますが)をより高度にして
 どんどん打ち上げますよ、またそれに類するものも
 安全保障上の観点から、どんどん開発促進をしますよ、
 ということになるでしょうか。
③宇宙産業の振興を推進します
 国策としての研究開発の促進、金融・税制両面からの
 バックアップ体制も強化します。ということ。
 これは、宇宙産業が今後の花形産業になってゆくために
 大きなアドバンテージを保証されるようなものです。
④宇宙産業に関するヘッドクオーターをつくる
 内閣総理大臣が「宇宙開発本部長」になり、
 「宇宙基本計画」をつくる。そして、内閣府のなかに
 1年後をメドに「宇宙庁(仮称)」なる組織を編成する。

つまりは、ここから「宇宙産業」が大々的に店開きします、
安全保障は国家として当然の責務として、国際社会に準じて
整備を早急に始めます、という”宣言”でもあるのです。

この法律の成立を見越して、
静岡県と浜松市は、浜松市のアクトシティにおいて、
6月1日から国内外の宇宙分野の研究者が一同に会して、
研究成果を発表する「宇宙技術および科学の国際シンポジウム」
(略称ISTS)を開催します。
”ものづくり県静岡”において、浜松地域は特に輸送用機器等の
機械工業の技術の高い地域でもあります。
ゆえに、次世代産業としての”航空・宇宙分野”には注目が
集まっており、千載一遇のこのチャンスを活かさない手は
ありませんので、しっかりと地元選出県議会議員として
精一杯の尽力をしてまいります。

 

関連記事

  1. 年末休暇・・・そうじとかたづけですが(苦笑)

  2. ひと雨ごとに暖かく

  3. 税制について思うこと 2007年6月

  4. 信じてしまうのです。

  5. 2月議会開会

  6. 2月議会本会議一般質問⑧

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930