慟哭

幼馴染であり、ご近所であり、同級生である親友が死んでしまった。
いまだ、信じられぬ。
悲報のあと、ウソであってくれ、悪い夢であってくれ、
と念じていたこの二日間。
ついに今日が永久の別れとなってしまった。

ガンが、彼の命を奪っていった。

本当に言葉がない。
悲報を聞いて駆けつけたときも
玄関でもう泣けて泣けてしかたがなかった。
顔をみたときは、もうほんとうにどうしようもなかった。
ただひたすらに泣けてしまった。
こんなに涙がでるのかと思うほど、嗚咽を抑えたくても
どうしてもどうしても無理だった。
悔しい、悲しい、どうしようもない。

救急救命士である彼が亡くなったのは1月19日。
「最後までカッコいいひとでした。最後まで弱音をはかなかったし、
亡くなったのが119。最後の最後まで誇り高き消防のひとでした」
という奥さんの言葉に、涙はとめどなくあふれ、
表現しようのない、どうしようもない感覚に押しつぶされる。

「慟哭」という言葉を本当に思い知った別れだった。
身体の奥底から突き上げてくる慟哭。
慟哭。慟哭。そして虚脱感との闘い。さらなる慟哭。
この悲しすぎる別れには、
涙と慟哭が、唯一無二の言葉であるのかもしれない。

友よ。
絶対忘れない。友情と思い出と、その生き様を。
安らかに眠れ。
ご冥福を心から祈っています。

関連記事

  1. 一般質問⑨地域防災訓練への県のかかわり

  2. アジアインフラ投資銀行

  3. 赤土から砂地まで

  4. リー・クワンユーの警告

  5. 日本の漁業について

  6. 外暮らしのリーフ

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031