指導者の器

昨日のロッテVS西武戦にて、
ロッテの二塁手ホセ・オーティーズが
世界のプロ野球界としては稀な
愚行をやらかしてしまいました。

「打球にグラブを投げつける」というものです。
規則により、単打でも3塁打になります。
草野球では、捕れない打球に悔し紛れにグラブを投げちゃう、
なんてこともあるかもしれませんが、プロ野球の世界では
ごく珍しい、しかも恥ずべき行為です。

オーティズは、怒りのバレンタイン監督の事情聴取に対して
「魔が差した。なにがなんだかわからない」と
言って涙目で謝罪したようですが、
昨日は西武に完封負けを喫し、この”事件”の3塁打も
失点につながり、さぞかしチームは嫌な雰囲気だろうと
案じていました。

ところが、お昼にネットのニュースをみてびっくりしました。
「オーティーズは厳罰として2軍降格かも・・」と
思っていたらば、以下の記事です。

≪日刊スポーツ より転用≫
ロッテのバレンタイン監督が、
グラブ投げの珍プレーを犯したオーティズにショック療法? を施した。
ウオーミングアップが終わると、3個のボールを持って
グラウンドへ飛び出た。ボールを転がすと、
あらかじめ打ち合わせ済みの堀、橋本、ベニーが
一斉にダッシュで追い掛けグラブを投げ付けた。
大爆笑のナインから「誰も当たらないじゃないか」と声が飛ぶと、
橋本は「オレ当たったよ」とアピールするなど、大いに盛り上がった。
オーティズは照れながらも大笑い。
敗戦の一因になっただけに触れにくい話題だが、
バレンタイン監督があえて笑いに変えていた。

という記事です。

ボビー・バレンタインという指揮官は、
なんてすごい人なんだろう!

このところ、調子がでないチームでしかも昨日の失態。
普通でいけば、チームは険悪な雰囲気で、
当事者はしょげかえっているか
「なんとか挽回しよう!」というプレッシャ-に
さいなまれるところだ。

「エンジョイベースボール」がボビーの口癖だ。
ほんとうに彼は野球をみんなで楽しもうとしている。
人の心の痛みや、苦しさを本当に知っている。

残念ながら、今日もロッテは負けてしまったが
(しかも逆転負け・・・)
ファンとしては、
「このチームはきっと元気になってくれる」
そう信じられるニュースでしたし、
指導者ボビー・バレンタインというひとの大きさを
あらためて感じる出来事でした。

人は人から学び、助けられ、元気がでるのですね。
痛感させられました。

何事も前向きにがんばろー!

追伸
このニュースを報じた
日刊スポーツの記者さんもすばらしいと思います。
スルーしてもよい出来事なのに、こうして報じている。
勝負の世界ですが、こういう血の通った報道は
とても良いものですね。

関連記事

  1. 富士山静岡空港ー台湾・台北便就航

  2. 権利と義務

  3. 京田辺シュタイナー学校

  4. 小晦日(こつもごり)

  5. サル出没!

  6. お葬式

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930