政治は現場

会派役員業務などに追いまくられつつも、
地元での仕事の時間をやりくりしていますが、いつもながら感じるのは
「政治は現場」だなあ、ということ。

今日も、新規就農者のかたの農地や経営の今後のありかたについて
西部農林や関係者を交えての相談。それぞれがそれぞれの立場があるので
調整がむつかしいところですが、みんなが丸く収まるカタチをつくる
お手伝いをするのが政治家の仕事。
また、こういう事案を通して痛感したことを施策化したり、
制度改良をしてゆくのも政治家としての大切な務め。

材木の使途についての意見交換。
新しいビジネスチャンスをつくりだす機会づくりのための仕掛についての意見交換。
人生に悩むかたのご相談に乗る。
などなど、今日1日でさまざまなシーズをお教えいただいた気がします。

政治は現場。
この原点を忘れず、地道にしっかりと活動をしてゆきたいと思います。

関連記事

  1. 三ヶ日カッターボート事故から3年

  2. 浜松城にて弥栄(いやさか)をさけぶ

  3. 生活感を選挙に反映できるか

  4. 謹賀新年 『永久の未完成、これ完成である』

  5. 12月議会開会

  6. ひまわり2525プロジェクト

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031