新型インフルエンザ対策について

私が風邪をひいたからというわけではないのですが(苦笑)、
以前から「日本のインフルエンザ対策は大丈夫ですか!?」
「もしパンデミック(世界的大流行)になったらどうするの」
というような不安の声をいただいていましたので、
静岡県の対応策の現状を調べましたのでご報告しておきます。

まずは、基本として
WHO(世界保健機構)がつくる
「パンデミック警告表」というものがありますが、
「フェーズ1」パンデミックのリスクは低い
「フェーズ2」動物間に新しい亜種ウイルスが発生
「フェーズ3~5」新しい亜種ウイルスがヒト感染発生
「フェーズ6」パンデミック発生
と6つに分類されています。
現在は「フェーズ3」の段階に世界はあります。
これは「ヒトからヒトへの感染はないか限定されている」
という状況です。
現在、「鳥インフルエンザ H5N1」が変異しつつあり、
世界各地で350件を超える感染が報告されています。
特にインドネシアでは、126人が発症、うち103人が
死亡しています。(WHO発表 2月3日現在)

当然、これは国レベルでの対応となりますが
都道府県レベルでの対応策も練られており、
静岡県は「静岡県新型インフルエンザ保険医療行動計画」を
今年1月7日に改正したところです。
ここで定められていることは、
①「新型インフルエンザ相談窓口」を
  健康福祉センター等に設置しています
 (すでにフェーズ3の段階で設置)。
  ここでは、患者の早期発見のために関係企業
 (発症者がいる国に渡航する社員や取引がある会社など)
  などにも働きかけ早期発見、水際ないしはごく限定的な
  患者に抑え込む努力をしてゆきます。
②「医療機関の指定」
  県内は11病院48床を指定。
  これにより、発症患者の他者との接触を最小限に止めます。
③「プレパンデミックワクチンの実施」
  医療従事者にワクチンを実施する準備。
  すでに、H5型の鳥インフルエンザワクチンは
  「ベトナム型」は備蓄済み。
  「インドネシア型」「中国型」も備蓄を急いでいる段階。
④「抗インフルエンザウイルス薬の備蓄および予備投与の実施」
  「タミフル」「リレンザ」を備蓄済み。ただし備蓄場所は
  非公表。これは、一般医療機関に枯渇したときの備えであり
  県内だけでも31万人分が備蓄済み。
  また、予備投与は「患者の家族」「医療従事者」そして
  「ライフラインを確保する業務に携わる人間」が優先されます。

ざっと説明するとこんな状況ですが、
とにかくウイルスは日々進化し、
ワクチンもそれに対応して日々開発されているというのが、
この病原体と人間の戦いの歴史でもあります。
また、その歴史が如実に語りかける”闘いかた”の基本は
「手洗い」と「うがい」そして「咳エチケット」です。

みなさん、折に触れしっかり「手を洗って」、
外から帰ってきたら必ず「うがい」をして、
そして”咳がでるな”とおもったら
マスクなどで他人に咳をかけないようにすること。
とにかくこれに尽きますので、
なにとぞよろしくお願いします!

時節柄、皆々様
なにとぞご自愛くださいませ。

 

関連記事

  1. 入学式に思う

  2. 天災がカーテンを吹き飛ばす

  3. 武襯衣(むしゃ)

  4. 天浜線カラオケ列車出発!

  5. 日本は属国なのか?

  6. 「義」のこころ

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031