新型インフルエンザ対策メモ 

今朝のニュースで報道されたとおり
日本でも新型インフルエンザに感染している可能性の高い
カナダからの帰国者が発見されました。

「すでにパンデミック(世界的大流行)だ」
(ニューヨーク大学医学部マーティン・ブレイザー医学部長)
とインタビューに答える専門家もいるほどで、
私たちの身辺も安全でないことがハッキリしたわけです。

この際、この新型インフルエンザから
どうやって身を守るか、家族を守るか、
現時点で誰もができる「対策メモ」をまとめておきます。

【予防策】
①外出時はマスク着用。
 ・マスクは「不織布製」で。ガーゼ製は性能的に不十分ですので。
 ・マスクは一日一枚使い捨てで。捨てるときもフィルター部分には
   触れないで、ビニール袋に入れて捨ててください。
②手洗い。
 ・「手洗い」は、とても大切な予防策となります。
 ・新型インフルエンザウイルスが手に付着し、その手で口鼻目など
   を触ると体内にウイルスが侵入しますので、くれぐれも注意です。
 ・せっけんで丁寧に指の間もこすって手を洗ってください。
③うがい。
 ・手洗いが終わったら、しっかり「うがい」してください。
 ・うがい薬などを使ってうがいすればより有効です。
  
【感染したかも・・のとき】
①インフルエンザは潜伏期間は最大で10日間あります。
②せき、のど痛、鼻水、悪寒、発熱など通常のかぜやインフルエンザと
  同じのような症状がでます。
③くれぐれもすぐ病院にはいかないこと!
④まず最寄の保健所に電話してください。
  静岡県厚生部 054-221-8560  
  浜松市保健所 053-453-6118
  静岡市保健所 054-249-3173
   以上は24時間対応窓口です。
   その他各地の保健所が、相談窓口となります。

【注意すべきこと】
①GWで海外旅行を計画されているかたも多いと思いますが
  十分に上記のことは実行されてください。
  ”アナタが感染源”になることだって十分にありますので!
②もし、パンデミックになったとしても冷静に行動してください。
③まずは、正確な情報を把握してください。
  静岡県の場合は、「危機管理局」が情報の一元化をして
  県内で一番正確な情報発信をしています。
  リアルタイムで最新の情報を知っていただくためには、
  静岡県のホームページをチェックしてください。   
   http://www.pref.shizuoka.jp/
  ぜひ! 今のうちに一度アクセスを!! 
④「タミフル」「リレンザ」という抗インフルエンザ薬は有効です。
  また、備蓄も静岡県だけでも62万人分の備蓄がありますし、
  各病院などの備蓄分もあり、パンデミックとなっても対応が
  できる体制は整っていますので、とりあえずはご安心を。
⑤今日はぜひ「家族会議」をひらいて、上記のことを確認してください。
  お一人お一人の自覚と行動が「命を守る」ことにつながりますので!

以上のこと、
くれぐれもよろしくお願いします!

お知り合いにもこの”メモ”を、
転送していただいたり、口頭で正確にお伝えいただくと幸いです。
こんなときこそ、正確な情報と行動がとても大切ですので!
みなさまの行動力をぜひ発揮してください!
よろしくおねがいします。

みなさまのご健康と、
この新型インフルエンザ・パンデミックとの戦いが
一日も早く終わることを祈っています!

  

関連記事

  1. インフルエンザ

  2. しんば賀津也。”やまとのくにづくり”宣言!

  3. 教育長人事紛糾

  4. 代表質問②内陸フロンティア

  5. 公務海外派遣

  6. 日米首脳会談

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年1月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031