本居宣長

松阪に行く機会を得る。
松阪には一度行きたくて行きたくて、やっと実現した感慨がある。

松阪になぜ行きたかったかって?
それは「松阪牛」ですよ!というのは冗談で(笑)
目的は本居宣長さんです。
「もとおりのりなが」と読みます。
本居宣長は18世紀吉宗治世の江戸時代の医者でありましたが
賀茂真淵に出会った有名な「松阪の一夜」をきっかけに
日本の古典研究にのめりこんだ学者です。
「古事記」の注釈である「古事記伝」の作者でもあり、
日本という国のはじまりを描いた「古事記」をはっきりとした歴史として、
「古事記」に書かれていることは本当なんだという確信のもとに、
注釈をつけてみて、検証をしたことが、
日本の精神の確立に大きな役割を果たしていると考えています。

そんな宣長さんだけに一度記念館で資料に埋もれて
じっくり人となりや業績をじっくり研究してみたかったのですよ(笑)
でも、きょうは駆け足で資料に埋もれること(!?)は
不可能でしたが、人となりや暮らしぶりは
少々垣間見れた気がします。

・・実は一番みたかった歌には会えませんでしたが
これはまたのお楽しみということで・・・
「敷島の大和ごころをひと問わば 朝日ににほう山桜花」

関連記事

  1. サンダーバードコーポレーション

  2. スーパーマンではないので

  3. 蚊取り線香

  4. PTA会長

  5. 中国のしたたか強硬外交

  6. 祝日の意味

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031