理想をもつということ

昨日の「政治家のありかた」について
いくつかの疑問をいただいた。
「政治は理想だけでは・・・」
「力のある政治家はムダなことをしない・・」
・・・ムダ?って
んー、私は政治こそ「ひととしての本質」をできなければ
やるべきでないと思っていますので、少し思うところを
書いておきたいと思います。

「理想をもって仕事をする」
これはとても大切なこと。

でも「現実が・・・」という人もいる。
確かに「現実」に抗しがたいものも、抗しがたい時もある。
それはそれで良いとしよう。

ただし、
「現実」だけを理由にしたら「理想」はなくなる。
「理想をもって仕事をする」ためには、
揺らがぬ信念とミッションがあればいい。
「自分はなにをするために仕事をしているのか」
「なにを成し遂げるためのミッションか」
ただそれだけだ。
「社会的使命」とか「世界平和」というような高邁な
代名詞が必ず必要なわけでもない。
「家族のため」だって、
「ただひたすらに、仕事のあとのおいしいお酒を飲むため」
だって、なにも悪くない。

堂々と「理想をもっているんだ」といえる人間にみんななろうよ!
そして子供や孫にその「まっすぐなこころ」を伝えることが
できるようになれば、おのずと物事の本質がみえてくるのでは
ないかな、と思う阿部卓也です。

関連記事

  1. 台風15号直撃!

  2. トンネルを抜ける

  3. 隗(かい)より始めよ

  4. 靖国参拝には”わきまえ”があるべき

  5. 政治家としての本分

  6. 北朝鮮水爆実験の意図を考察

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031