知事の時代

毎日のニュースや報道番組ではさかんに
宮崎の東国原知事や大阪の橋下知事の動向が注目されています。
主に、自民党の国会議員出馬や応援の要請を受けての
報道ですが、「人気さえあればとにかくすがる」という
自民党の姿勢については冷ややかにみています。

ただし、この事象は良いこともあるのです。
二人が共通して訴えているのは「地方分権」。
これはとても重要です。地方の現場でこの「地方分権」に取り組む
(地方から言わせると「地方主権」と言いたいですが)
我々としては、願ったりかなったりです。
いままで「地方分権」といっても「?」というのが
国民・県民の反応だと感じています。
でも、こうして二人が声高に叫んでくれることで、
”時代の歯車”が確実に回りはじめていることを感じます。

私は、国会議員の秘書としての16年間、
多くの意志ある国会議員のみなさんが、この「地方分権」という
テーマに臨みながら、本当に地方の気持ちがわかっていなかったり、
”永田町や霞ヶ関の論理”に押しつぶされてゆくのを見てきました。
ゆえに、”中央からではこの国は変わらない”ということを
さまざまな角度や検証から唱えているのですが、
今回の事象はまさにその表れであるのかもしれません。
「やはり地方のことは地方が主導的に」と、いうことです。

都道府県知事は47人。
まさに平成の”47人の義士”がこの国を動かすことになると、
私は確信しています。今こそ”知事の時代”の訪れです。

ゆえに、現在選挙戦真っ只中の静岡県知事選挙も
有権者のみなさんにはよく「遠い感じがする」と
言われてしまいますが、実はとても大切な選択であるということを、
あらためて訴えてゆきたいと思っています。

”新しい風”を、”知事の時代”を、ここ静岡県からも!

関連記事

  1. うれし、たのし、だいすき!?

  2. 民主党臨時党大会

  3. ハーグ日米韓首脳会談所見

  4. 外国人参政権について

  5. 公務海外派遣

  6. プロ野球開幕一週間

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31