第2次安倍改造内閣発足

安倍政権の第2次改造内閣の新陣容が発表されました。
表向きの『実行実現内閣』というキャッチフレーズのとおり
党は違えど私としても日本国の政治家の一人として、
お仕事はしっかりしていただきたいと心から願っておきます。

しかし、健全野党としての一員としては”注文”もあります。

そもそも安倍政権(現在の自民党政権)というのは、
野党に転落した悲哀、権力を失った無力感を”二度と味わってなるものか”という、
執念に近い思いがすべての土台となっていて、
どんなに党内で意見対立があろうが、総理が暴走気味だと感じようが、
最後は”まとまることを演じる”ことだけは揺るがぬ体質となっています。

また、安倍政権は”マスコミ利用のテクニック”は際立っている。
世論を誘導するためにマスコミに向けて、またはインターネットなどで、
どういうふうに情報を発信したらよいか、どの順番で情報を発信したらよいか、
その”テクニック”が非常に長けている。
しかも、これは総理というよりも、政権を支えるみんなで手分けして
誰がどんな役を担うのか、どこでどのように発信するのかをしっかりわかっているような、
チームプレーでその”テクニック”を行使している。
これは、本当に舌を巻く巧さである。
ゆえに「改革をしている」「とにもかくにも前進している」というイメージを
安倍政権は作り上げてきた。

これらは、ある種スゴイことではあるんですが、
これが「精緻なレトリック」であった場合、
実態はあくまでレトリックなのですから、ある日突然その正体が露見する日がくる。
もしそれがアベノミクス経済であれば、安倍政権頼みの株価は暴落し、
日本経済はもう取り返しのつかないことになるのでしょう。

安倍政権が本物の改革をしているのかどうかを見極めること。
それが、日本国の将来のためであり、国民のみなさまのためであり、
健全野党の使命だと思っていますし、それが存在意義だと思っています。
国会のみなさまには学ぶべきところは自民党からも学びながら、
しっかりしたチェック機能を発揮し、情報発信もしていただきたいと切に願います。

地方からもしっかり注視してゆきたいと思っています。

関連記事

  1. 世界地図

  2. 五月晴れと農業

  3. 9月議会閉会

  4. 天浜線キャンペーン

  5. 春はこの雨の向こう側に

  6. 悼む

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930