細野政調会長

細野環境大臣が党の政調会長に横滑りとのこと。

・・・。

彼の心中を察するに、個人的には原発問題担当大臣の使命を
果たしきりたかっただろうに、と推察します。
でも、個人の想いだけではなんともならないのが
政治の世界であって(・・・組織のなかにいると、いや
社会に生きてる限りどこでもいっしょかもしれませんが)
苦渋の決断であったろうと思います。

マスコミでは「選挙の顔」「選挙対応」などと
批判的な見方をされていますが、決まったのであれば、
政権与党の政策責任者ですから、こちらでやるべきことの
使命を果たしていただきたいと思います。

民主党は次の総選挙はほぼ確実に負けるでしょう。

「選挙は業績評価」というのが私の持論ですが、
自民党政権時代に比べて確かに多くの課題に取り組んで
解決に導いたものも少なくはありませんし、
胸を張って威張れるものもあります。
しかしながら、重要な局面での失態や
無理矛盾が多くあったマニュフェストを前面に出しすぎ
環境整備もせず、作業工程のロードマップも作らず
思いつきで突っ走るような総理が続いたために
ぐちゃぐちゃになってしまっている責任は大きいと感じます。
功績部分を差し引きしても、選挙で勝たせていただけるまでの
ご評価はいただけないだろうというのが、
冷静な分析だと思います。

ただ、ひとつだけ申し上げておくと
現時点で自民党政権に戻っても同じような気がしますので、
もし選択肢が「自民党」に収斂するのであれば、
26日の党大会で選ばれた新総裁がよっほどの覚悟で
党改革に取り組まない限り、国民がまたしても失望感を
味わうことになると思いますよ。

そこで細野新政調会長ですが、
そんな状況下での就任ですから、この際、選挙対策など無視して、
”今日本がやるべきこと”という観点に絞って、
不人気な政策を中心にどんどん組み立て実行していただきたいと
私は思います。

基本的に、野田総理は腹をくくって
その路線を行こうとしているようにお見受けしますので
ぜひ、政策責任者としても地味で不人気な政策でも
必ず将来の日本再生の礎になるということだけを
やってくれればよい、と期待しています。

もしその路線でいくと、党内からの反発も相当でしょうが、
政治は党という組織のためにやるのではありませんし、
まして自分自身のためにやるものでもありません。
本来自分がご負託をいただいている、
国民のみなさまの将来のため、日本という国の将来のため、
使命感を持って国政に取り組んでいただくことを願っています。

がんばれ!細野豪志!!

関連記事

  1. 秋晴れ

  2. 民主党新政権発足

  3. ローカル線

  4. 豆まき

  5. 満身創痍

  6. 受動喫煙防止サミット IN 浜松

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年12月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031