総理の職責とは

安倍総理が政権を”唐突に”投げ出した。

組閣、そしておととい所信表明までして
今日の代表質問を受ける直前での「投げ出し」。
あきれた、としか言いようがない。

一国の総理大臣のとるべき行動ではない。

これ以上は多くを書かないが、
やはり”坊ちゃん”はダメだ。
下積みの苦しさや敗戦の孤独、虚脱感を味わったことのない者は、
”弱い”。

かつて、浜口雄幸という総理大臣がいた。
彼は軍部と対立しながらも、信念で改革を進め、
暴漢の凶弾に倒れながらも、総理大臣という職責のために議会に立ち続け
ついに帰らぬ人となった。まさに「命を賭して政治をした」のだ。
それが日本の総理大臣という職責だ。

関連記事

  1. 復活

  2. 原発・新エネルギー検討勉強会

  3. 政治家としての矜持

  4. 民主党静岡県連定期大会

  5. 文教警察委員会県内視察

  6. プロ野球の季節

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031