自民党と民主党

自民党内の”麻生おろし”も尻すぼみに終わり、
淡々と21日の「衆議院解散」に向かって国政は進んでいます。

自民党はなぜこんなに迫力がなくなったのか。
中川さんや武部さん、そして閣僚である与謝野さん、石破さんは、
あそこまで辛らつに”麻生批判”を公然としたのであれば、
腹を決めていわゆる”命がけ”でやらないのか。
少なくとも内閣不信任決議案にへらへらしながら反対したことで、
本気度が低いことを皆に見抜かれてしまったと感じています。
かつて宮沢内閣に対し、
当時の竹下派が小沢一郎さんや羽田孜さんを中心に割れて
内閣不信任決議案に賛成票を投じて、政治の変革の歯車が一気に
回り始めました。その後鳩山さんや武村さんの新党さきがけが
自民党を”脱藩”し、細川さんの”日本新党”ができて、
怒涛の日本の時代を変える総選挙に突入し、自民党を下野に
追い込んみ、細川連立政権が誕生しました。
政治を変えたいなら、本気で時の総理大臣にケンカを売るのなら
せめてこのくらいの”本気”がないとダメですね。

自民党がこのていたらく。
では、一方の民主党は積極的に評価されているかというと
それも実は”否”だと私は感じています。
「こんな閉塞感はなんとかしたい。こんな格差はなんとかしたい。
民主党もよくわからないが、とにかく一度政権を変えてみよう」
というのが、国民のみなさんのホンネではないかと私は感じます。
浮かれた民主党の国会議員や関係者がときどきいますが、
”勘違いもはなはだしい”と背筋に冷たいものが走ります。
こちらのほうが、もし期待を裏切ってしまう結果になったときの
信頼感の喪失度合いがものすごく大きい気がします。
だからこそ、順風が吹いてるかに見えるいまから必死に、
政権を担ったときの準備や勉強をしておかなければ”次”はないんです。
民主党も日本も、これがラストチャンスだと肝にめいじて、
”命がけの本気”で、取り組まなければならない時が今、と、感じています。
果たして民主党の皆がこれを実感してくれているだろうか、
と不安を抱えながらも、なにかいつもとちがう緊張感がない
(と感じざるを得ない)解散を待つ今日この頃です。

関連記事

  1. 新聞論評に関する考察

  2. 内閣不信任案の採決について

  3. 静岡県の統計

  4. 湖西市女児死亡事故時効について

  5. かばん

  6. 民主党静岡7区総支部長離任

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930