衆議院解散。”平成戦国時代”の始まりだ。

野田総理の電撃的な予告のとおり本日衆議院は解散。
12月4日告示、16日投票の師走選挙に突入します。

しかしながら、世間には”さあ戦だ”という高揚感は感じられず、
事の成り行きを覚めた目で見ているように感じているのは
きっと私だけではないのでは、と思っています。

なぞらえて言えば、
室町時代、延々と10年続いた応仁の乱。
当時の史実によると、何も決まらず、何も変わらず、
荒廃のみ進んで何も未来展望が開かれぬまま延々と続く戦に、
世の中は厭戦気分に満ち満ちていたとあります。
現世に置き換えれば、これがいままでの自民VS民主。
まさに10年間かけての政権のやりとりでしたからね。

史実に戻ると、
そして応仁の乱の混乱で旧来の権威や常識が破られて
引き起こしたのが「戦国時代」への突入です。

解散時で15もの政党が乱立する日本国。
第3極による日本再生をめざす日本維新の会を中心とする勢力も
国民の期待を一心に背負うまでの輝きはなく、
”世はまさに現在における戦国時代の始まり”の様相を呈しています。

戦国時代において、
信じられるものは己自身であり、
武力、知略、人格、財力などなどを併せ持ち、
本当に治世能力があるものが力をつけて勢力を伸ばし、
それぞれの地域を治め、徐々に収斂されてゆき、
そして天下統一に至った。それが史実です。

『歴史は繰り返す』
この言葉ほど含蓄に富んだ教示はないのでは、と
私は最近よくこの言葉に行き着きます。
まさに、今このときもそうではありませんか?

さすれば、答えは簡単です。
国民のみなさまが今回の総選挙で選択すべきは
「自らが信じるものを選ぶべし。」ということです。
もはや”自分は昔からこの政党支持だから”とか
”○○党だから、すばらしい(逆にダメだ)”とかは
大間違いです。その政党選択が失敗だったことが
直近の2度の衆議院選挙で、”小泉チルドレン”や
”民主党旋風”で間違って選ばれてしまった国会議員で
この国を変えられたのか。もちろん答えは「否」ですよね。
この10年ではっきりと証明されてしまっています。
ゆえに、
今回は”人物本位”でのご選択を心からオススメいたします。
国民のみなさまが、おのおのの信条に従ってよくお考えになって選ぶ。
それがこの国を変えることにつながると私は信じています。

また、戦国時代の歴史はこうも語りかけています。
「地方から攻め上がり都を変えた」と。

私は本気で地方からこの国を変えてやろうと思っています。
平成の戦国時代は今始まったばかり。
しっかりと、地に足をつけて先ずはふるさとを
「日本の理想郷」にする。
静岡県にはそれができる潜在力があると確信しています。
そして、静岡県から日本を変える。
それが使命だと思っています。

関連記事

  1. 新年度スタート

  2. 新米

  3. 地方主権は原点から

  4. インフルエンザ予防注射

  5. 新東名延伸

  6. 韓国視察報告 仁川世界都市博編

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31