議会は県民のためのもの

今日、民主党・ふじのくに県議団臨時総会が開催されました。。
野澤義雄会長から、ここまでの経過説明と、
これからの臨時議会開催にむけての見通しについての説明があり、
それについて、各議員から質問や意見が相次ぎましたが、
結論は一点に集約されたといっても過言ではありません。

つまりは、
「県民のために、副知事不在期間をできるだけ短期にせねばならない」
この一点に尽きます。

副知事不在は県の危機管理上大いに問題があります。
川勝知事はすでに、ことここまで至ったことに反省の弁を述べ、
民主主義による多数決で否決された「副知事3人案」でなく、
「副知事は2人」で臨むこと、人選についても
対話不足を痛烈に批判されたことへの反省に立って、
早々に自民党改革会議幹事長らとの協議をすでにしています。
今や、副知事選任に対して、議会に反対する理由も大義もないはずです。
逆に「県民のための県政」をおこなうべき我々は、
県民目線に立って政治を行わねばなりません。

先日、ふじのくに県議団として植田徹議長に
『一刻も早い臨時議会の開会のために各会派間の調整に、
議会の権威の象徴としてその権能を存分に使い努力願いたい』
という要望書を提出いたしました。
その後、各会派も追従して同様の要望を議長に提出しております。
これは、議会は「県民のための大義」を果たすと、
自ら議長に申し立てている証拠であります。

であれば、ここは議長の調整能力および手腕次第ということになります。

聞くところによると、「4月20日ころまでに臨時議会開催」と
「4月4日の代表者会議」だけは決められたようですが、
これも県民のみなさまからすると、「なんだそれ!?」と、
”スピード感の欠如”にたいして痛烈にご批判をいただいています。

今日の総会でも、多くの議員から火の出るような発言が相次ぎ、
『なぜ代表者会議をもっと早く開催できないのか?
またしても”海外視察”を理由とするつもりか?非常識である』
という痛烈な批判や、『昼間だめなら議会の夜間開催だってできる。
そこまで徹底的に詰めるべきだ』というようなまっとうな意見も多く、
”さらに議長と一日も早い議会開催のための調整を進める”
ということで野澤会長に一任されました。

県民の意思を反映させるのが我々議員の責務です。
一日も早い臨時議会の開催と、副知事の選任のために微力を尽くしたいと思います。

関連記事

  1. 民主大逆風

  2. 仕事始め

  3. 菅改造内閣発足

  4. しんば賀津也。”やまとのくにづくり”宣言!

  5. 6月。梅雨前線待機中。

  6. 天道あるやなしや

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年12月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031