議会事務局のご紹介

静岡県議会には、議員がスムーズな議員活動をし
事務的にも政策的にも、より高い水準の
シゴトをさせていただけるシステムがあります。
それが「議会事務局」です。

静岡県の議会事務局は52名の職員・委託職員の
みなさんで構成されており、その組織構成は
「事務局長」の下、「事務局次長」があり、
2室3課となっています。
2室は、まず「秘書室」。
正副議長の秘書業務、議員控室の事務業務等が仕事です。
そして、「議会図書室」。
基本的には議会専用の図書室です。
わたしも登院初日に”偵察”にいってきましたが、
法令集、各種事例集、タイムリーな法改正等に対応した解説書、
教育問題や環境問題など各種の専門書もひととおりありました。
蔵書数は当然ながら国会図書館には遠く及びませんが、
周辺図書館等とのリンクなどでかなり使い勝手はよさそうで
楽しみな限りです。
で、残りの3課ですが
その名のとおりの「総務課」。
本会議・委員会等の議事を扱う「議事課」。
議員の政策関連の調査・立案の補助をする「調査課」。
で構成されてます。

主に我々が最大使わせていただいて、
充実した議員活動をし、政策立案をしてゆくためには
「議会図書室」と「調査課」の活用あるのみです。

実は、初登庁の日に早速前述のとおり議会図書館の偵察と、
(早速一冊借りましたが。『改正都市計画法』。)
調査課に4つほどのオーダーをいたしました。
今日はその調査課よりの回答といえるレクチャーだったのですが、
そのレクには感心しました。
永年国会議員秘書として、役所のレクを議員に同席して聞き、
市議会議員として、直接担当者と勉強したり議論したり
してきたのですが、この調査課のレクは霞ヶ関の役人のように
押し付けがましくなく(失礼)、市のように役人の皆さんは
本当に熱意があるんだけれども市の持つことのできる情報量の
不足や人手不足によるさまざまな業務を兼務していることによる
政策づくりに専任できない彼らのもどかしさを感じてきただけに、
静岡県の持つ情報量の豊富さ、一回目のレクに対しての注文に
即応し数時間で正鵠を得た回答をしてくる職員の資質の高さに
舌を巻きました。
当然ながら、こちらもキチンと勉強してないと議論にならない
わけで、ますます時間が足りなくなりますね(笑)

これは、県議会で”本当に良い仕事ができそうだ”と
ワクワクする一日となりました。

・・・調査内容については、また随時ご報告しますね。
かなり内容濃く報告できると思いますよ。

関連記事

  1. 9月議会開会

  2. 政治家としての矜持

  3. 北朝鮮外交

  4. 12月質問準備開始

  5. 台風15号直撃!

  6. 静岡空港視察

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031