議員の本分!26年度議会活動本格稼働中。

平成26年度の静岡県議会活動がスタートしています。
私は議会では今年、常任委員会が総務委員会委員、
特別委員会が次世代人材育成特別委員会副委員長、
そして条例制定を検討するためのがん条例検討委員会委員という
3つのフィールドで議会に臨みます。
昨年は常任委員長(文教警察委員長)でしたので、
委員長業務専任というカタチで
特別委員会、条例検討委員会の所属はなかったので、
今年は久しぶりの”論戦現場復帰”といった感で楽しみです。

がん条例検討委員会は、すでにスタートしていて
静岡県が誇る県立がんセンター関係者や、
がんにかかわる医師や患者、支援団体などのみなさまから
条例案に関するご意見や現況のヒアリングをいただいて議論を進めるという
条例制定に向けて内容を煮詰めてゆく建設的な作業に入っています。
委員のなかには、かつてがんと闘病した経験をお持ちの議員もいらしたりして、
まだ2回しか委員会は開かれていませんが、これ、相当濃密に良い議論ができています。

総務委員会は、1期時代はじめて副委員長を務めて以来の所属となりますが、
予算編成作業の総括や県政全般にかかわるもの、そして危機管理部を所管しますので
県の各種防災にかかわる事項を審議する重要な委員会ですので、
当然ながらやりがいは十分です。
毎年常任委員会活動に入る前には、「予習」として所管事項について
ヒアリングを受けて内容の掘り下げをしてゆくなど勉強をしておきますが
そちらも順調に準備中です。

そして、今年副委員長を務める次世代人材育成特別委員会は
「静岡県の次世代を担う人材を育成するためにはどうすべきか」という
大変重要な問題について議論し、提言をする委員会ですが、
これが守備範囲も幅広く、委員会設置目的などの趣旨説明などをした第1回委員会では
『文教警察委員会などの常任委員会と重複しないようにしよう』ということと、
『論点整理をして委員会審議に入らないと議論が散らかってしまう』などの意見が続出し
正副委員長に対応が一任されました。
委員長は渥美泰一議員、もうひとりの副委員長は相坂摂治議員。
おふたりとも元来議会においても特に熱心かつ政策通で知られる議員で
非常にやりがいを感じられる正副トリオとなりました。
今夜は、それぞれが日程をやりくりしての第1回の正副委員長会議を浜松でやりましたが
委員会運営や到達目標や論点についてなどなど、長時間徹底議論しました。
とても良い議論になりましたし、渥美先輩の委員長としての器量の大きさ、
相坂議員の鋭く独創的な提言には感心し、お二人の力量に敬服を覚えた会議でした。
とても勉強になりました。
だいぶ方向性が見えてきた感がありますので、来週もういちど正副委員長に
事務局もいれて整理をし、6月の第2回委員会に備えたいと思います。
とても楽しみです!

というかんじで、今年の静岡県議会稼働中です。
ぜひご期待ください!!

関連記事

  1. 国会審議所感

  2. 日中関係の複線化

  3. ”静岡県の桃源郷”の敬老会にて

  4. 土地改良事業視察

  5. 2月議会閉会

  6. ふじのくに県議団政調会合宿!

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930