銀河を包む透明な意志、巨きな力と熱

私の事務所の机に飾っている言葉があります。

『われらに要るものは
  銀河を包む透明な意志、
    巨きな力と熱である』

これは、宮沢賢治の『農業芸術概論』の一説です。
この言葉には、盛岡で絵葉書で出会いました。
とても魅かれながら、『銀河を包む透明な意志』とは?
という疑問にかられて、『農業芸術概論』を読みました。

結論としては、「個人の意識改革」。
「一人一人が銀河系を意識するような心持で物事を考えるべき」
ということを賢治は訴えたかったのだろう、と感じます。
「意識を進化させること」それを説いたのだろうと思います。

さて、この「意識の進化」はすべてのことにつながってきます。
ひとりひとりの生き方。そして政治についても同様。
そして、それを実現するために必要なものが
やはり「巨きな力と熱」なんですね。
「大きな」では足りないので「巨きな」なんだろうし、
やはり「熱」は不可欠です。

机に座るたびに見つめる言葉です。
この言葉にもまちがいなく「言霊」があるんですね。
いつも勇気をもらっています。
  

関連記事

  1. あべたく政治塾第3期スタート

  2. 育休のカリスマ、男女共同参画を語る。

  3. ふじのくに子ども芸術大学

  4. 熱闘甲子園

  5. 熟考のとき

  6. 浜松河川道路工事事務所

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930