静岡文化芸術大学入学式にて

静岡文化芸術大学の入学式に来賓として出席させていただきました。

文化芸大は川勝知事が学長をされていた大学でもあり、
私も社会人聴講生として2期にわたり学ばせていただいた大学ですので
親近感がいっぱいの大学であります。

また、去年からは県立大学法人に経営が移管されましたので、
経営面や運営面でも県議会議員としてキチンと目を光らせねばならない
立場となりましたので、今日はそんな意味でも矜持を正して出席させていただきました。

さて、この入学式のなかでの熊倉功夫学長の式辞が
とてもご興趣に富んだお話でしたので、少しご紹介させていただきたいと思います。

『「人生においてやりたいこと」というものは、見つけられる保証はない。
この4年間でみつかるとは限らないし、社会にでてもみつかるとは限らない。
でも、”みつからない”ということは、そんなに悪いことではない。
なぜならそれが常態であるからだ。
 でも、人間とはこれでは満足できないものであり、みつけようともがき苦しむ。
では、ここでどうするかが大切であります。
まずは、「身体を動かす」ことが大切です。
頭のなかでグチグチと考えていてもダメだ。
それではいままでの自分のなかから脱することはできないからです。
身体を動かせば、たとえ失敗しても、そこには必ず発見がある。
さすれば、いずれ自分のやりたいことが見えてくるはずです。
 また、「学ぶ」ということは「まねる」ということであり、とても大切なことである。
「まねる」ということは「型を学ぶ」ということであり、
マニュアルに従って動く、生きる、ということではない。
「型」とは、どういうときにどう体験をしたらよいか、
全体を把握するためには、どういうふうに考え行動したらよいのか、
それらの方法論を示しているものであって、あくまでそれぞれが
自ら行動し体験し考え、それぞれの道を導きだすためのものである』

大いに感銘致しました!

・・・余談ですが、
この入学式は、熊倉学長のほかに、
理事長である有馬朗人先生、川勝平太知事という
日本を代表する一流の学者先生の式辞もあり、
入学式ではなく、とても良い授業に出席させていただいた気分で
退出させていただきました(笑)
とても勉強になりました!
ありがとうございました。

学生諸君には、この恵まれた環境で、
師の教えをぜひ「まねて」いただいて、
大いなる飛躍をしていただくことを願ってやみません。

ご入学おめでとうございました。

関連記事

  1. 静岡県危機管理局

  2. 年金について

  3. いま何をすべきか

  4. 東京リズム

  5. 基軸通貨

  6. 私のGW。

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031