5月臨時議会

本日静岡県議会5月臨時議会が召集されました。
会期は1日(残念ながら・・)。

まあ、5月臨時会は「議会の構成」が主目的ですから、
つまりは議長・副議長選挙と常任委員長をはじめとする
議会の構成を決めるための議会です。
ただ、今年は東日本大震災を受けて異例の補正予算が編成されました。
その審議にしっかり1日密度の濃い議論がされました。
閉会は21時になろうかという議会にカンズメの一日でした。

議長・副議長選挙についてはコメントを差し控えます。
とにかく、静岡県議会の最高権威としての公正公平で、
威厳と品格のある誇り高い静岡県議会正副議長を
おつとめいただきますことを心よりお願い申し上げます。
なお、選挙結果の投票行動についてさまざまな憶測が飛び交い、
ウラの政治談議好きのかたにはたまらないドロドロや駆け引きの
お話ばかりですので、あえてコメントいたしません。
議会の本分は「議論」であり、大切なのは「品格」ですから!

で、その本分ですが、
今日の常任委員会は「議案に限る」という限定型の質疑でしたが
委員会によって、その濃度はばらつきがあったようで・・・
幸いにして、私が今年配属された「企画文化観光委員会」は
議案は2つしかなかったにもかかわらず、ほぼ全委員が存分に
質疑をする密度の濃い委員会となりました。

どこぞの議会には、ひとえに委員長の差配にもよりますが、
「早く終わりたい」という委員長は、時間制限を手厳しくしたり、
質問統制をしたりと、「議会人としていかがなものか」と
見識を疑う委員長もいるとかいないとか・・・

静岡県議会では、決してそんなことのないように、
質の高い議論ができるように、議会改革をすすめてゆきたいですね。
私も常任委員長はまだ経験していませんが、
あくまで議員の本分は議論です。
その議論の質にもよりますが、質が高い議論が展開されていれば
委員長権限として、委員のみなさんが存分に議論をつづけてゆけるような
委員会運営はしてゆきたいですね。
少なくとも、委員会が3日間と設定されていたら、
2日間で終われるように、良い質問をもっている議員に対して
時間統制をかけたり、”早く終われ”と恫喝をかけたりするような
「議員としてあるまじき行為」をすることをしない委員長に、
またそんなあるまじきことをする議員がいれば、
厳しく注意勧告をする委員長でありたいと思っています。

今日も、委員会によっては質疑を不完全燃焼で終えざるえなかった
同僚議員もいたようです。時間はまだまだあったはずなのに・・・。
とにもかくにも私の所属委員会の委員長は今日も公正公平な委員会運営をし
各議員存分な議論ができたことは事実です。
敬意を表しつつ、この委員会に配属されたコトに感謝したいと思います。
この1年間「企画文化観光委員会」には期待してください!

とにかく、2期目4年間の静岡県議会がスタートしました。
しっかりと議会改革に取り組み、よりすばらしい静岡県議会を
つくってゆけるように、微力ですが全力で取り組んでゆきます!
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 湖西市女児死亡事故時効について

  2. 教育談議

  3. お天気を考える

  4. 昭和の日によせて

  5. 穀雨

  6. 生活のなかの政治

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年12月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031