DMV試乗

天竜浜名湖鉄道に将来的に導入が検討されている
DMV(DUAL MODE VEHICLE JR北海道が開発中の線路も道路も走れる
鉄道兼バスの名称。現在は試作段階で様々な実験中。)の実証実験が
31日から実際に天竜浜名湖鉄道の線路と周辺道路をつかって
一般のかたの乗車も含めておこなわれています。
私も今朝試乗させていただきました。

以下感想と課題を列記します。
・鉄道からバス、またその逆への切り替えはわずか数秒。
 運転士が外へ出て確認するのも10秒程度で終了。
 切り替えおよび線路からの乗り降りは非常にスムース。
・鉄道用の鉄輪は「ガイド輪」と呼ばれており、あくまで
 線路からはずれないための車輪。駆動力はなくブレーキのみあり。
・線路上でも駆動輪はうしろタイヤ。
 タイヤはスタットレスタイヤで線路の上を走ることで駆動します。
・運転は線路上は鉄道会社の運転士、道路上はバス会社の運転手さんです。
 これを運転手の交代がなくて済むようにしてゆくことが課題です。
・車両の重量は4トン強。現在の車両よりかなり軽いので風対策は重要。
 横風は25mまで対応可能の試験結果がでていますが、
 大きな橋梁等での下からの風に対しては未知数。
 なので、現状では天竜川の鉄橋は渡る為にはかなり慎重な準備が必要。
・ベースがマイクロバスなので車内は狭い。定員も25名。
・一部報道にあったので、「揺れ」について心配していましたが
 揺れはたいしたことはなく、(現在の天浜線の揺れ程度)
 メモをとるのもスラスラ書けるという状態。
・線路上での速度は線路状態によるが、天浜線では40~45km。
・2両編成ができるよう国交省と検討中。
・ロングシート車両+つり革タイプもテスト済みだそうで、ただし定員は
 同じ25名程度になってしまうそうです。

以上、箇条書きさせていただきましたが
私の感想とすると「かなり実用的で有望」という結論です。
使い方を工夫すれば、天浜線にとっても救世主となりうる存在だと
感じました。

ただ、まだ実用化に向けては法的な問題や運行上の課題などが
多くありますので、JR北海道さんと国交省との研究がスムーズに
進み、計画どおり3年で実用化のメドをつけていただきたいものです。

天浜線については、これ以外にも創意工夫をできるところは
まだまだありますし、その存在価値は非常に高いものだと確信して
いますので、これからも積極的に天浜線の利便性の向上に
かかわってゆく所存でおりますので、また折にふれご報告を
させていただきたいと思っています。
鉄道の価値というのは、「ただ赤字だからダメ」というような
短絡的な考え方はもってのほかで、視野を広く中長期ビジョンを
描いてゆくことが大切だと考えております。
ライフワークのひとつとしてしっかりと取り組んでゆく所存です。

みなさんも、ぜひ「天浜線」を応援してください!

関連記事

  1. 私学入試

  2. 外交と日本のミライ

  3. キャンプイン!?

  4. 「中央対地方」 予算ヒアリング報告

  5. 初七日。

  6. あべたく政治塾第2期スタート

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031