GWの国際金融情勢もご注目を

日本はゴールデンウィークですが、
海外は普段通りであることを忘れてはいけません。

26日にS&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が
スペイン国債を2段階格下げしました。
これで、ヨーロッパの債務危機の下振れ不安がふたたび再燃し、
金融市場の動きを注目しておかなければなりません。
怖いのは投機筋の資金がどう動くかです。

日本は、実は次の格好のマーケットになってしまうのではないかという
危険性が指摘されています。
まずは、日本の株式市場の大きさが魅力的なこと。
東証だけでも時価総額は300兆円あります。
そして日本の1日の為替取引額は60兆円。
さらには2012年の国債発行残高は822兆円。

国債発行残高。
その危険性の芽は消費税の動向にも直結しています。
消費税が増税されないときは、国債がさらに発行されることになり、
国債価格は下落します。そして利回りが上昇します。
国債の下落=利回りの上昇 は、国債の利回りを指標としている
ローン金利やプライムレートを押し上げることになります。
つまり「スタグフレーション」です。

もし、こういう感じで金融市場が反応しだすと
これは一転して円安に動き出すことも考えられます。
円安は貿易立国の日本にとってよいではないか、というのは短絡的で、
「物価は上がる一方で給料は上がらない(逆に下がるかも)状況」
が出現しますので、結局このしわ寄せの直撃弾を食らうのは
庶民ということになります。

現在の消費税を上げる上げないという議論は、
本当は、こういうふうに国際経済や金融市場をしっかりにらみながら
マスコミも政治家もキチンとした解説を加えながらすべきなのに、
と本当に情けない思いにとらわれます。

みなさまも、国会議員やマスコミ関係者に会うことがあれば
ぜひこういったさまざまな観点からの予測について解説せよ、と
迫っていただくことが、もしかしたら日本の将来を救うことに
なるかもしれませんので、気にかけていただきますようお願いいたします。

少しはGWの”頭の体操”になりましたでしょうか?

関連記事

  1. 川勝知事就任式

  2. エネルギー議論をしよう

  3. おまえ太ったゾ

  4. 第2次安倍改造内閣発足

  5. 自治体議員政策懇談会アンケート

  6. 中国についての考察。

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930