全国交通安全運動週間

秋の全国交通安全運動週間が始まりました。
私も昨日朝の出陣式と街頭活動に参加してまいりました。

今回はこのところ続発している「飲酒運転撲滅」を重点運動に
しているのが特徴ですが、「飲酒運転」は言語道断の行為であり、
それを特に呼びかけねばならない今日のモラルのなさに、
哀しい気持ちになりました。

昨夜、それに追い討ちをかけるようなことがありました。
お酒の入る会合に出席後、代行運転をお願いしたところ、
いつもより待ち時間が長く、「なんでだろ?」と、
帰りの車中運転手さんと話した驚愕の内容です。

「交通安全運動がはじまったから今日は代行運転で帰るよ、
というお客さんが多くてね」と苦りきった表情で話す運転手さん。
「今週だけ飲みに行くのを控えたり、店によっては今週だけは
代行運転使ってくれ、なんて言うところもあるようですよ」
と続き、「携帯電話が普遍化したせいか、検問情報もすぐ流れて
全国的に検問での検挙率も低下しているようですよ」と
堰を切ったようにドライバーの不心得の実態が
運転手さんの口から飛び出してきました。

確かに、先週12日~18日までおこなわれていた
飲酒運転取締り強化週間の摘発状況によると、
のべ4383人が摘発されたそうだが、
単純にこれを1日あたりにすると、
1日あたり626人が摘発されたことになり、
さらに単純に47都道府県数で割ると、
1都道府県あたり1日13人しか摘発してないことになる。
この同じ一週間での飲酒運転による事故は98件もあり、
先ほど同様単純計算すると、
1日あたり14件、1都道府県あたり1日0,2件となる。
事故を起こすもの氷山の一角であり、
飲酒運転をする不心得者で摘発を逃れている者に至っては
この数字からしてかなりの数に登るとみていいだろう。

これらの抜本的な解決策は、
「飲酒運転をするドライバーを撲滅する」ことを
忠実に実行すれば良いだけなのだから、
「飲酒運転は重大犯罪」として莫大な罰金と実刑、
そして免許取上げをすることが一番の近道であろう。
法的な見地からの異論・反論は当然あるだろうが、
今後高齢化率が世界一のスピードで進行し、
ますます交通弱者の増大が確定している日本だけに、
このくらいの思い切った政策や法改正が必要だと私は考えます。

また、政治家として実践しなければいけないコトが
悲しいかな発見されてしまいました。
現場の実情をキチンと反映した政策を実施できる政治家に
なんとしてもならねばと決意を新たにする
全国交通安全週間です。

みなさんも、くれぐれも飲酒運転はダメですよ!

関連記事

  1. 一粒万倍(いちりゅうまんばい)

  2. 民主党再建は遠き道をゆくがごとし

  3. しずおか国民文化祭開会

  4. 12月静岡県議会開会

  5. テポドン2

  6. タイ戒厳令

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031