圧力をかける政治は終わる

「圧力」という言葉があります。

嫌な言葉ですね。
私は、反抗心旺盛で、闘争心が燃えるタイプですので
「圧力」は大嫌いです。

もともと私はこう考えています。
私たち政治家が有権者のみなさまからご負託をいただき、
貸し与えていただいている「政治権力」や「権限」とは
”強いひとのためにあえて使うのではなく、
はからずも弱い立場に陥ってしまった
ひとや地域のために行使するべきだ”
と考え、そのように実行してきたつもりです。

選挙となるたびに、業界団体に圧力をかけたり、
相手陣営の邪魔をするために弱みにつけこんだりしてくる
勢力があります。
そんな、あいかわらずの選挙手法は、見ていてうんざりしてきます。

「もうそんな時代は終わりましたよ。
有権者のみなさんは、ご自身の目で見て、耳で聞いて、
頭で考えて判断を下す成熟した時代になりました。
もっと建設的な意見交換や議論をしましょうよ」
と、言いたくなります。

”地方の現場”では、もうみんなそうわかっているんだと思います。
直接そんな会話をあちこちでさせていただくたびに、
時代の変革の胎動を感じる今日この頃です。

関連記事

  1. NP(ナースプラクティショナー)について

  2. 一般質問準備着々

  3. 夏祭り

  4. 12月議会閉会

  5. 新年の日々も駆け抜けてゆく・・・

  6. モンゴル帰国報告

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年7月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031