民維合流に思う

『民主党と維新の党合流に向けて前進』
との報道がこのところ流れていますが、
個人的にはどこか遠いところでのお話のように感じてしまいます。

かつて、自民党から新生党が割って出たときのような
”この国を命がけで変える”というような
沸き立つような熱情が感じられないからでしょうか。
それともやはり「国会議員だけの思い込みでしょ」という感が強いのか。
まあ、両方でしょうね。
なぜ、この国の国土の大部分は地方なのだ、ということがわからないのか。
地方がこの国の多くの食料を生産し、工業製品を生産し、
エネルギーも生産しているという厳然たる事実を国会議員は理解できないのか。
そういう観点から、この国のかたちを考えられないかなあ・・・

少なくとも現在の日本の政党はどこも”永田町だけの常識”でしか
この国を構想していないのが残念でなりませんが。

ただ、多少でも地方から日本を考える政党に今回の民維合流で生まれ変わってくれることを
期待はしておこうと思っています。

関連記事

  1. 至福の酒宴

  2. 涙雨

  3. ノーサイド

  4. 2月一般質問①富士山静岡空港西側県有地の防災拠点づくりについ…

  5. 効率

  6. 小沢一郎政治塾

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031