浜岡原発停止要請

本日、菅総理から中部電力に対して
浜岡原発の停止要請がでました。

これ「英断」だと感じています。
我々政治家が託されている使命はいくつもあります。
当然「経済をまわすこと」もとても大切です。
でも、いちばん大切なのは「命」です。

その「命」の安全性の担保が不安視されていた浜岡原発ですから、
多少唐突感や乱暴さを感じるかたもあるかもしれませんが、
「では、あなたは今東海地震が起きて、津波が襲いかかり、
福島同様の事態になったら命の補償は100%できるのか」
と迫られて、「100%できる」と言い切れるひとはいないでしょう。
我々も、先日の浜岡視察の際に不安を感じていたことを
質問・課題として回答を求めていましたが、
いまだその答えはなく、不安に思っていたところであり、
ゆえに、この政府の迅速な判断はまさに「英断」としなければなりません。

中部電力もこれで、逆に落ち着いて安全対策を考え直すことが
できると考えればよいだけのことです。
これは、あくまで中部電力が悪者であるわけではなく、
今まで日本国が、「国策」として原子力政策を強力に推し進めてきた
結果が現在の浜岡の姿であり、それを国が「国策」として
見直すということが表明されたという捉え方が必要です。
中部電力は、それに沿って安全第一と安定した電力供給策を
考えれば良いだけのことです。当然、電力供給にムリがあるので
あれば、国にも申し立てて、60ヘルツの関西電力、九州電力、
四国電力、北陸電力に電力融通の調整をする作業をすれば
いいだけのことで、シンプルに考えればよいと、私は思います。

もちろん、エネルギー特別会計による交付金のことや
原発関連施設で働いているかたがたの生活のこと、
地域経済のことは考えてゆかねばなりませんが、
まずは”命有っての物種”です。
私はそう考えて、まずは今回の判断を”評価”をし、
その後の対応を迅速におこなってゆくことを、
政府に申し入れ、県としてもできることを地元自治体と
協働してやってゆくべきと考えています。

関連記事

  1. こころ

  2. 状況報告

  3. 評論家的私見と政治家としての自戒 

  4. 陳情・要望ヒアリング

  5. 黄砂

  6. 日韓関係改善を歓迎

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930