税制改正大綱

政府税調による税制改正大綱がまとめられました。
んー・・・・
というところでしょうか。

相変わらず、抜本的な改正にはなっておらず、
「国会情勢の都合」でしかないなあ、と感じます。

私がはじめて国会議員の秘書になったときは
仕える代議士は自民党の地方行政部会長でした。
その後労働部会長など、当時の自民党の政策づくりの
現場をかたわらでみせていただいてまいりましたが、
年末になると、この「税制調査会」というものが
にわかに動き出します。
通称「電話帳」と呼ばれる、各種税制がびっしり
書き込まれた分厚い冊子を渡され、税調委員が
順番に「これは○(継続ないしは新規導入ということ)」
「これは×(打ち切りもしくは導入せずということ)」
「△(継続審議)」などというように審議をして、
まるでそろばんの「願いましては・・・」のように
「○○△×△・・・」という読み上げを書き取ったことを
思い出します。
あれから18年。
その頃感じたことと、今朝の新聞とまったく変わらないのが
「本当に必要なことが、時の政治情勢で捻じ曲げられる」
ということです。

国会はなんとかならないものでしょうか。
まともな国会議員は18年前に比べて確実に増えているのに
体制や制度にしばられて国民生活から離れ続ける国会。
最近は、国際競争に出遅れることわかっていながら
今回の税制改正大綱に盛り込めない、
あいかわらず総務省・財務省主導型など、
「国会は大丈夫なのか」ということが
益々多くなっているように感じます。
せめて「将来図」を示すことだけでもできないのか、
と嘆きたくなります。

元国会議員秘書として、
現在は中央政府と向き合うかたちの地方の県議会議員として
税制の組み立てや内部事情がよくわかるだけに、
余計に不満を感じる今日この頃です。

20年も足踏みしてたら
国力は低下しますよね・・・
だからこそ、
しっかり地方から改革を押し上げないとダメなんですよね。
がんばってゆきたいと思います。

関連記事

  1. しんかんせんつかれちゃったの?

  2. 東京

  3. 新しい政治とは

  4. 政治は信なり

  5. 内憂外患

  6. ワイドショーに思う

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930