紀元節

今日は建国記念日。戦前は「紀元節」と言っていました。
今朝の新聞各紙の社説等々には、憲法改正問題や皇室典範問題や
さらには「建国記念日」についての歴史解釈をめぐっての諸説が百家争鳴だ。

「歴史の真実」というのは、本当に正解を導くことは難しく
昨年「日本の近現代史」を徹底して研究した際も、痛感いたしました。
歴史資料がまだ多く実在し、機密文書などの公開もあり、
より「真実」へ近づいている近現代史と違い、「日本の古代史」は
それこそ闇の中の感覚だ。
その諸説に目くじらを立てる社説や報道を展開するよりも、
建国記念日には、やはり日本に暮らす日本人であることに感謝をしたり、
日本の伝統文化や悠久の歴史のなかを連綿と伝えられてきた祭儀・祭事に
目を向けて、素直な気持ちで「日本の誕生日を祝おう」
「日本人であることを祝おう」ということにしないのだろうか。
”重箱のスミをつつく”のではなく、
日本のよいところにスポットをあてること、
それが今日の「建国記念日」であるべきではないだろうか。

それができなくなってからこの国は頭でっかちの理屈ばかりの、
心のない国になってしまったのではないだろうか。

マスコミにも切り口を変えてもらって、
また我々自身が身近な「日本」を発見できるように視線を変えてみること、
それが大切だと思います。歴史解釈論議はその上でするべきことでしょう。
まずは、なによりも「日本という国がある」ということ、
「日本人がこんなにもたくさん実在している」という事実。
そのことに感謝することからはじめなければいけません。

以上が今日氏神さまの春季例大祭に参りながら考えたコト。
こんなこと考えながら、昨年の地域の息災へのお礼と
今年の五穀豊穣、無病息災を祈る手を合わせました。
「感謝」はどこでも基本ですね。

関連記事

  1. 静岡県の少子化対策 

  2. ザリガニ釣り

  3. 通年議会 栃木県議会視察

  4. お花見

  5. ひと段落してしまってはいけない

  6. モンタギュー・ダグラス・スコット・A・リーフ

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031