薬害肝炎訴訟問題

薬害肝炎訴訟問題が、「全員救済」に向け舵をきった。
福田総理の”決断”により議員立法による救済となる予定です。
ご苦労をされてきた原告団、患者のみなさんには
本当に長い間のご労苦が報われることへの進展を
こころからお喜び申し上げたいと思います。

しかしながら、血液製剤の危険性が世界の常識となっていたなかで
これを看過してしまった原因と責任はどこにあるのか。
それらの”うやむやさ”は、どうもすっきりしません。
次なる”決断”も必要と思いますが、福田総理。

何事も、問題が生じた際は責任の所在と原因の究明、
そしてそれらに基づいた抜本的な改革・改善が必要と考えます。

C型肝炎問題。
この問題には、霞ヶ関官僚機構と政治のかかわりの
”正念場”が隠されていることも忘れてはなりません。

関連記事

  1. ほんとうに時間がたりないなあ

  2. しずおか国民文化祭開会

  3. 復旧

  4. サミット誘致

  5. 北朝鮮水爆実験の意図を考察

  6. 選挙応援

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031