2月議会質問②「物流戦略の構築について」

【質問1】
静岡県は東海道のど真ん中に位置し、清水港、御前崎港などの
港湾に加え、本年6月には富士山静岡空港が開港。
さらには、平成24年には新東名が県内全線開通、
平成29年には太平洋と日本海を結ぶ中部横断道路が開通などにより、
ますます人と物の動きの活発化が予想されます。
 これら「物流」に対して、単なる人や物の行き来だけではなく、
効率化を図ったり付加価値をつけることで、成長産業としての
可能性を十分に秘めていると感じています。
そこで、県としてトータルに「産業としての物流」戦略を構築
すべと考えますがいかに。
また、物流を所管する部署が産業部や建設部にばらついているだけに、
戦略的な展開をつくるためにも「物流室」を新設すべきと考えますが
ご所見はいかに。

【回答】
「物流」は、今後静岡県の産業を支えてゆく大きな柱のひとつで
あることはご指摘のとおりであり、そのためにも、総合的な物流戦略を
構築してゆく必要があり、まずは庁内に関係部局による研究会を設けて、
物流の現況や今後のありかたを検討してゆきます。
また、まずは物流産業の基本となる、交通基盤の整備、
情報・通信基盤の整備に取り組んでゆきたいと思います。
 また、「物流室」に関しては、検討の過程で必要が生じた場合は
設置してまいりたいとは思っていますが、物流に関して現状では、
関係企業群のほうが先行しており、県が下手なちょっかいは
ださないほうがいいのかなとも感じています。

関連記事

  1. 教育行政のありかた検討会

  2. いよいよ師走

  3. 地方議会議員年金制度について

  4. 痛みを知ること

  5. 東北・北関東に大地震発生

  6. 七夕に思う

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2021年1月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031